清水富美加の逆襲!? 幸福の科学“タレント部”の本気っぷりが止まらない

写真拡大

 清水富美加(22)の突然の出家宣言で再び注目を集めている、宗教団体「幸福の科学」。2月17日には、清水富美加の暴露本『全部、言っちゃうね。』(幸福の科学出版)も発売され、もはや誰も止められない展開となっています。

 90年代初めにも連日ワイドショーを賑わせた「幸福の科学」ですが、ここ数年エンタメ事業にますます力を入れている模様です。
 同教団では、1994年から大川隆法総裁の製作総指揮で映画を製作していて、2011年には総裁の長男・宏洋(ひろし)氏(27)が代表を務める芸能事務所「ニュースター・プロダクション」を設立。映画と舞台の新作を立て続けに発表しているのです。

◆大川総裁の長男が率いる芸能プロとは?

 清水富美加が「ニュースター・プロダクション」に所属するかは未定とのことですが、エンタメ事業での活躍を期待されているのは確実でしょう。教団側は、「(清水富美加は)芸能界引退ではありません」と明言、「信条上合致する、考え方の合う映画やドラマなどに出演する可能性はあります」と述べているのです。

 映画を作れば全国数十館でドーンと公開するリッチな教団ですから、清水富美加の芸能人生は、いままで以上に安泰かもしれません。

 宏洋氏自身もタレントとして籍を置く「ニュースター・プロダクション」は、梅崎快人(22)や水月ゆうこ(27)など総勢11名の若手俳優が所属する芸能事務所。タレントたちは、守護霊インタビューで映画への想いを語るなど、みなさん“あちら側”の人のようです。

 3月には「劇団新星」の旗揚げ公演『俺と劉備様と関羽兄貴と』が控えており、初夏には実写映画『君のまなざし』の公開も決まっています(大川総裁製作総指揮の映画としては11本目)。どんなものか気になりますよね?

◆次回作は「黒沢以来の、ハリウッドに挑戦できる映画」!?

 そこで『君のまなざし』公式サイトでPR動画を見ると、これが何とも感想に困るのです。

 大作アニメ『仏陀再誕』(2009年)や、幸福実現党とおぼしき政党が日本を救う『ファイナル・ジャッジメント』(2012年)はツッコミどころがもりだくさんでしたが、『君のまなざし』は良くも悪くもバランス感覚がありそうです。
 作品のアイデアは「過去・現在・未来を超えた衝撃のスピリチュアルミステリー」ですが、「人は、何のために生きるのか」と道徳のお題目が盛り込まれ、世俗の者への配慮が行き届いた作品のようです。

 主演・梅崎くんの守護霊は「黒沢映画以来の、ハリウッドへ挑戦できる映画」とか、都合のいいメッセージを送ってきています。

 また、舞台『俺と劉備様と関羽兄貴と』は、BLを思わせるタイトルセンスに、商売の上手さが感じられますね。もっとも、映画、舞台のどちらも“〜のために○○するのか”とのテーマ設定なので、若い世代をターゲットにしていると言えそうですが。

 一方では見所も。それは脇を固める大物たち。『君のまなざし』にはなぜか手塚理美(55)、黒沢年雄(73)、黒田アーサー(56)が名を連ね、アーサーにいたっては舞台にも出演します。11年に17歳下の志保夫人と結婚した際には、夜の生活は「週4回」と答えていたアーサーさんですが、すっかり改心したのでしょうか?

 そんなこんなで、改めてニュースター・プロダクションの所属タレントをながめてみると、実は一番華があるのが大川宏洋さんだと気付きます。大衆演劇っぽい艶があるのですね。というわけで、次期教祖様にはおひねりを―――。親しみやすいエンタメ展開はアリな気がしてきました。

<TEXT/沢渡風太>