米スタンフォード大学の学生が5000年前のレシピに基づき、その当時の中国のビールを再現した。中国考古学教授の劉莉氏は「このビールは見た目がお粥に似ている。味は現在の透明で苦味のあるビールよりも甘く、フルーティーだ」とした。参考消息網が伝えた。

劉教授が率いる研究チームは昨年春、陝西省米家崖遺跡で調査中に、2つの穴を発見した。そこからかつてビール醸造に使われていた陶器の破片、じょうご、瓶、取っ手のある酒甕が見つかった。この2つの穴の歴史は、紀元前3400〜2900年の仰韶文化後期まで遡ることができるということで、同チームはこれらの残された器具に、薄黄色の残渣を見つけた。これにはイモ類、百合、麦の成分が含まれていた。この発見は、同遺跡が中国の酒造りの発祥地であったことを証明している。劉教授はこの研究成果を発表し、古代中国人は主に粟や麦などの穀物とハトムギの実を使い、ビールを醸造していたと発表した。

劉教授は考古学の授業で、学生にレシピを基に当時のビールを再現させることに挑戦。まずビールの原料である麦芽は赤麦を主要原料として発芽させた。このレシピで作ったビールはフルーティーな香りと柑橘系の味を楽しめ、リンゴ酒の味に似ているという。学生はまたキャッサバの根を使い、もう一種類のビールを再現。醸造する際にキャッサバをかみ、吐き出した混合物を過熱し発酵させる。最後に出来上がった酒は、チーズのような匂いがする。学生が作ったビールは全体的に酸味があったという。また、発酵に用いられた原料が濾過されていないので、これらのビールはストローで飲む必要があったということだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)