DAZNのバックアップも得てJリーグが主催した「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」

写真拡大

「東南アジアの優等生」といわれ順調な成長を続けるタイ。生活水準の向上とともに近年はスポーツ界の発展も顕著で、その象徴といえるのがサッカーだ。2010年代に入り急成長を遂げた国内リーグの盛り上がりを背景に、代表チームの実力も急上昇。オリンピックやワールドカップのアジア予選でも最終予選に駒を進めるまでになった。Jリーグがアジアの国々との連携をはかる「アジア戦略」でも、2012年に真っ先に提携を結んだのがタイリーグ。サッカーにおいても、東南アジアの先頭を走るリーダー的存在となっている。

 1月24日と26日の両日、タイ・バンコクで「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」が開催された。同大会はJリーグの「アジア戦略」の一環として行われたもので、Jリーグから鹿島アントラーズと横浜F・マリノスが参戦してタイリーグの2クラブと対戦。Jリーグ勢対タイリーグ勢というリーグ対抗戦形式でタイトルを争った。

 Jリーグは2012年からアジアのレベルアップとマーケットの拡大を目指し、「アジア戦略」を本格的にスタート。東南アジアを中心とするアジア各国とのリーグ間、クラブ間での提携をはじめ、育成年代を含めた選手や指導者の交流、東南アジア出身Jリーガーの排出などさまざまな角度から戦略を推し進めてきた。

DAZNとの10年契約で万全の体制

 そして今回、Jリーグとタイリーグが主催してタイで大会を開催するという新たな試みが行われた。大会の実現に向けて尽力してきたJリーグ国際部の大矢丈之氏は、同大会の目的は「Jリーグの価値を高めること」にあると語る。

 「この4年間、『アジア戦略』としてさまざまなことをしてきたなかで、今年は念願のタイ人Jリーガーも誕生しました。ただ、選手だけでは限界があります。Jリーグの価値自体を高めるためには、商品である試合をもっと出していかなければいけません。アジアでトップと言われるJリーグの試合を生で見てもらいたい。特に子どもたちに見てもらい、次の世代の選手たちがより現実的にJリーグを目標とするような環境を作れればと」

 Jリーグは今季、英国のパフォーム社が提供するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」との間で10年間、約2100億円という大型の放映権契約を締結した。年間でもこれまでの何倍にも上る放映権収入を得たことで、新たに大きく戦略を構築することを試みている。「アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」もその枠組みの中で企画された。

◆Jチームに善戦するタイチームも続出

 大会の開催へ向け、Jリーグは全てのクラブに案内を送ると10クラブほどが参加の意思を表明。

 そのなかから多角的に勘案された結果、「実績があり、この機会をクラブ経営にも活用できるマインドを持っているクラブ」(大矢氏)として鹿島と横浜の2チームの出場が決まった。一方のタイリーグからも昨シーズン2位のバンコク・ユナイテッドと、近年は上位争いの常連となっている新興勢力のスパンブリーFCが参戦。両リーグの上位クラブ同士による対決が実現した。

 大会は同リーグ同士の対戦は行わず、リーグ間の勝敗を争う「リーグ対抗戦」という独特の形式で行われた。結果は3勝1敗でJリーグの勝利となったが、バンコク・ユナイテッドが鹿島を4-3と下したのをはじめタイリーグ勢も健闘。Jリーグのトップレベル2クラブを相手に、急成長を遂げるタイリーグの勢いの一端を感じさせた。

 試合の模様は日本では今季からJリーグの放送権を得た「ダ・ゾーン」、タイでは大会に出場したバンコク・ユナイテッドのオーナー企業でもある「トゥルー」によって全試合生中継。試合の行われない中日には、両チームの主力選手をスタジオに呼んでのインタビュー番組も放送された。