ビッグバン★セオリー

写真拡大

2007年の放送開始以来、高い人気を誇るコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』。本国にてシーズン10が放送中の今作だが、ついに2シーズン分まとめての更新まであと一歩という状況になっているようだ。米Deadlineが報じている。

今までもペニー役のケイリー・クオコが家庭を持ちたいと考えていること、シェルドン役のジム・パーソンズが『ビッグバン★セオリー』のスピンオフ版や米CW局の新しいSFドラマ『The Terranauts(原題)』、米Freeform局の『The Monarchy Is Going to Sh*T』といった新シリーズの製作に関わることが発表されていたことから、シーズン10で終了するのではないかという噂が絶えなかった。

しかし、メインキャストのジム、ケイリーに加え、ジョニー・ガレッキ(レナード役)、サイモン・ヘルバーグ(ハワード役)、クナル・ネイヤー(ラージ役)の4人は、2年契約の更新の最終段階に入っていると米CBS局のCEOレスリー・ムーンヴェスが明らかにした。このまま順調に進めば、今シリーズは12シーズンまで続くことが確実となる。

先月、米Entertainment Weeklyのインタビューに応じたジョニーが脚本家たちは新シーズンの準備を進めていると語っていたばかりなだけに2シーズンまとめて更新という嬉しい知らせが早く届いて欲しいところだ。

『ビッグバン★セオリー』は、米CBSにてシーズン10が毎週木曜20:00より放送中。(海外ドラマNAVI)