【詳細】他の写真はこちら

「欲しい!」「使ってみたい!」と誰もが願う“アコガレ”の逸品・名機たち。最新デジモノ市場をリードする、そんな人気製品をオールジャンルで選抜。真なる“価値”がここにあるはずだ!! 今回は高級炊飯器など、上質な食生活を実現するプレミアムなキッチン家電に注目。

 

“高級炊飯器戦争”を次なるフェーズへ突入させる





愛知ドビー

バーミキュラ ライスポット

実勢価格:8万6184円

ホーロー無水鍋で有名なバーミキュラが、その知見を生かした電気炊飯器を新開発。底面と側面に配置されたヒーターによって、鍋全体を包み込むように過熱し、お米を大きく踊らせ、美味しく炊きあげる。

ここにアコガレる!



鋳物の蓄熱性、ホーローコーティングによる遠赤外線効果、重い金属フタによる高い密閉性が、バーミキュラならでは。

 

“蒸し炊き”という新発想がごはんをさらに美味しくする





バルミューダ

BALMUDA The Gohan

実勢価格:4万1500円

『The Toaster』でパン食派に衝撃を与えたバルミューダが、炊飯器市場に参戦。同社が得意とする気流・温度制御技術を駆使することで(同社曰く「エネルギーの使い方から見直した」)、お米の旨味をギュッと閉じ込めることに成功した。

ここにアコガレる!



二重構造の釜の間に水を入れて沸騰させることで、見えない「蒸気の釜」を発生させる。



機能面は極めてシンプル。保温機能も省いている。炊いたらすぐ食べるのが流儀だ。

 

その高温が食材を美味しくする





東芝

石窯ドーム

ER-PD7000

実勢価格:12万2400円

家庭用オーブンレンジとしては最高クラスとなる350度の高温調理に対応(余熱200度にも約5分で到達)。高温&スチーム調理で、旨味を逃さずきれいに焼き上げることができる。

 

無水調理を任せられる高機能鍋





シャープ

ヘルシオ ホットクック KN-HT24B

実勢価格:6万6090円

食材の水分だけで調理を行なう「電気無水鍋」に最大6人分の調理が可能な大容量モデルが登場。火加減が難しいとされる無水調理を“ほったらかし”で任せられる。キャベツ一玉など、大きな食材も使えるようになった。

 

インテリアにこだわる単身者もこれなら納得





シャープ

SJ-GD14C

実勢価格:7万70円

これまで小型冷蔵庫では軽視されがちだったデザイン性、機能性をしっかり追求した、シングル向けの137L・2ドア冷蔵庫。下段に46Lの大型フリーザーを内蔵するなど、現代の若者の食生活に即した構造を採用している。

 

ここにアコガレる!



設置場所に合わせてドアの開く方向を変更できる「つけかえどっちもドア」。引越しの多い人でも安心だ。

 

スリムながら470Lの大容量





三菱電機

置けるスマート大容量 MR-WX47A

実勢価格:30万960円

幅、奥行き65cmとスリムながら、薄型真空断熱材採用で、470Lの大容量を実現。3色LEDを照射することで、野菜のビタミンCを増やし、鮮度を維持する機能も搭載。

 

注ぎ心地とデザインが秀逸





バルミューダ

BALMUDA The Pot

実勢価格:1万1880円

バルミューダが手がける電気ケトル。最高の注ぎ心地を目指して、ノズルとハンドルのデザインにとことんこだわった。コーヒー2杯分(カップヌードル1食分)のちょうど良いサイズもポイントだ。

 

本格派コーヒーの悦びを家庭でも手軽に味わいたい人に





デロンギ

プリマドンナXSコンパクト

全自動エスプレッソマシン

ETAM36365MB

実勢価格:21万3840円

横幅19.5mmのスリムボディによって設置性を高めた全自動エスプレッソマシン。豆を挽くところから抽出までをこれ一台で行なえる。ミルクスチーマー付きで、簡単にカフェラテやカプチーノが作れる。内部自動洗浄機能搭載も◎だ。

文/山下達也(ジアスワークス)

※『デジモノステーション』2017年3月号より抜粋