浦和レッズ・阿部勇樹インタビュー(前編)

「悪いシーズンではなかった」

 2016年シーズンを振り返って、阿部勇樹はそう語った。

 チャンピオンシップでは鹿島アントラーズに敗れたものの、浦和レッズはリーグ戦で勝ち点74を積み上げて年間勝ち点1位となり、阿部がシーズン当初に掲げた目標の、勝ち点72を上回った。さらに、ルヴァンカップを制し、10年ぶりにタイトルを手にした。

 しかし、阿部の中では引っかかっているものがあるという。


昨季はJ王者を逃して「悔しさは残っている」と語る阿部勇樹「1年間を通してレッズの戦いは悪くなかった。ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)も、『悔しい思いをした次のシーズンは、いい成績を残し、いいシーズンを送れる』と言っていたけど、実際にルヴァンカップを獲れたし、(リーグ戦では)年間勝ち点1位にもなった。1年ごとに力が上がってきているので、そう考えると、悪くない。

 じゃあ、すごくいいかっていうと、そうは言えない。チャンピオンシップに負けたことで、すべてが台無しになるわけじゃないけど、報われない思いが強かった。レギュレーションを理解して受け入れているけど、やっぱり複雑ですよ」

 最後にタイトルがかかった試合で敗れれば、当然無冠となり、どうしてもその印象のほうが強くなる。勝ち点では上回っているのに、そのシーズンの結果さえ、無にされた感が強まってしまう。

 しかし、昨シーズンを詳細に見てみれば、浦和の成長ははっきりと結果につながっていることが見えてくる。

「相手を圧倒する試合が増えたし、逆に試合を落とさなくなってきたと思う」

 阿部は、そう言った。

「大事なゲームや、強いチームに負けなくなったのは、レッズが先に点を取れていたからだと思う。先制されると、相手は守ってカウンターに徹してくるのでやりにくくなるけど、先に点を取ってしまえば、相手が(前に)出てこざるをえなくなる。そういう展開にすれば、より自分たちのよさを出せるし、より相手を圧倒できる。0-0の状況でも、焦らず、どこでスイッチを入れて点を取るのかが共有できていたし、それで点を取って勝ってきた。(チームが)『強くなったなぁ』『負けなくなったなぁ』というのは、実感しています」

 負け数は6敗。2015年シーズンよりもふたつ増えたが、”やられた感じ”のゲームは少なくなった。逆に、相手をほぼ完璧に封じる試合が増えた。昨年のベストゲームを問うと、こんな答えが返ってきた。

「個人的には、ファーストステージの川崎フロンターレ戦(第8節)ですね。武藤(雄樹)の決勝ゴールで、1-0で勝ったんですけど、調子のいい川崎に対して、我慢するところはしっかり我慢できていたし、規律もしっかり守られていた。守備の出来もすごくよかった。あと、セカンドステージでサンフレッチェ広島に3-0(第13節)、ガンバ大阪に4-0(第14節)で勝った試合や、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)グループステージ第4戦の広州恒大戦(1-0)もいいゲームだったと思う」

 浦和は突然、圧倒的な強さを発揮したわけではなく、ペトロヴィッチ監督が時間をかけて浸透させてきたものが実を結び始めている、ということだ。ルヴァンカップを獲得したのも、一歩ずつ、着実に強くなってきた証拠だ。

「タイトルがかかった試合で、しかも(過去に大事なところで)壁になっていたガンバが相手で、PK戦だったけど、勝って優勝することができた。ルヴァンカップを獲って、ひとつ”壁”を打ち破ることができたのは大きいですね。その自信があるから、いつも『失速する』と言われたリーグ終盤戦でも粘って、しっかり勝つことができた。レッズとして、一歩前に進めたような気がします」

 ちょうど1年前にインタビューをしたとき、2015年シーズン終盤の失速を糧にして、阿部は「必ず見返す」と強い決意を示していた。そして今回、ルヴァンカップで戴冠を遂げ、リーグ戦でも勝ち点1位の座を最後まで守り通した。長年言われ続けてきた”勝負弱さ”は、払拭できたのだろうか。

「ひとつ結果を出せたこと、リーグ終盤も勝ち続けたことで、ある程度は払拭できたと思う。でも、悔しさは残っているんでね。今年は、その悔しさを晴らしたい。(今季)1シーズン制になったけど、目指すものは変わらないし、今度は年間(勝ち点)1位になれば優勝なので、昨季と同じぐらいの勝ち点を取りたい。それを超えれば、確実に優勝できると思うので、そのためには今季も、我慢、規律、それに継続性の進化を求めてやっていかないといけない」

 阿部はここ数年、「我慢」「規律」が、レッズが優勝するために必要なことだと言い続けてきた。「我慢」とは、流れやリズムが悪い時間帯のときは全員でしっかり守ること、攻撃がうまくいかないときでも焦れずにボールを動かしていくこと、などである。

「我慢は、昨季もだいぶできていた。規律はもっと高めていけると思う。例えば、レッズは全員守備、全員攻撃がベースだけど、守備のときはそれぞれが勝手に動いているわけではない。前が動けば、後ろの選手も連動していく。ひとりがさぼると、連動しなくなり、穴が開いてしまう。『すべてはチームのために』という規律がある。

 でも、代表に入りたいとか、代表に居続けたいとか、そういう気持ちが働いて、(選手全員が)同じ方向を見ていないときがある。自分は、レッズというチームで結果を出せば、代表に呼ばれるものだと思っている。だからこそ、規律を守って、同じ目標に向かって戦っていかないといかない」

 レッズは、能力が高い選手の集合体だ。選手の意思統一がなされ、ひとつになったときの強さは計り知れない。昨季も、その強さを何度も見せてくれた。それゆえ、選手個々が勝手な思いでプレーすることなく、同じ方向を向いて戦えば、もっと勝ち点を増やし、もっと相手を圧倒する試合ができた、と阿部は思っているのだ。

「今季は、戦術的な精度を高めていかないといけない。継続性の進化、ということです。例えば、ボールを失ったとき、どれだけ速く奪い返せるか。それは、ここ数年ずっとやってきて、昨季も実践できていた。今年はさらに、そこを意識して突き詰めていきたい。ミシャが求めるレベルも上がっていますし。理想を言うと、90分間、相手コートに押し込んで試合をしたいですね。一時期のバイエルン(ドイツ)のように」

 チームの舵取り役として、6年連続でキャプテンを任された阿部。今年、36歳になる”鉄人”は、今季に向けて強い思いを抱いている。

「今年は、集大成のシーズンになると思います」

 阿部は力強い声でそう言った。

 集大成――その真意とは、いったいどういうことなのだろうか。

(つづく)

■Jリーグ 記事一覧>>