全盛期のタイガー・ウッズ並みとの評価も

写真拡大

「世界一」の座が、すぐそこに見えている。2月5日の米男子ゴルフ「フェニックス・オープン」で松山英樹(24)がプレーオフの末に優勝を果たし、ツアー通算4勝目を挙げた。

「昨年10月以降は9戦5勝という目を見張る強さです。海外メディアのなかには、2006年に米ツアー7連勝の記録を打ち立てた全盛期のタイガー・ウッズと比べる論調まであります」(ゴルフ誌記者)

 今季(2016年10月〜)の米ツアー賞金ランキングでは堂々の1位に立っている(2月6日現在)。プロゴルファー・沼沢聖一氏はこう評価する。

「ひとつひとつのショットの精度が上がっているのはもちろんのこと、優勝経験を重ねたことで大舞台でも冷静なゴルフができるようになっている。フェニックス・オープンでは相手のプレーを見ながらクラブを選択するなど、落ち着いたゴルフで勝ち切った。安定した下半身が生み出す上半身との捻転差や体の回転スピードは、たしかに全盛期のウッズを彷彿とさせます」

 次なる期待はもちろん、メジャー制覇だ。米国のブックメーカーは、4月6日開幕のマスターズの優勝予想オッズで、松山をジョーダン・スピース(米国)に次ぐ2番手(11倍)にしている。前出の沼沢氏が続ける。

「オーガスタは松山にとってはアマチュア時代から相性のいいコース。ここ2年は連続でベストテン入りしているので4大メジャーの中でも最も優勝が期待できる。あとは、いかにマスターズに合わせて調子を上げていくか。

 技術面でもパッティングの読みと100ヤード以内のショットの精度など課題はありますが、メジャーを戦う上で最も大切なのは、“取れる”という自信です。ウッズと比較した時に、松山に足りていないのが“ディザイア”、つまり欲望です。ウッズはデビューした時から“マスターズを取る”と公言し、プロ転向8か月後の21歳で史上最年少優勝を果たしています。松山も、“マスターズで優勝する”と宣言するくらいの気概でやってもらいたい」

 日本人が誰も通ったことのない「世界一への道」を松山は着々と歩んでいる。

※週刊ポスト2017年2月27日号