金正日総書記の生誕75周年慶祝中央報告大会(2017年2月16日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮で金正日総書記の生誕75周年慶祝中央報告大会が15日、平壌体育館で行われた。 16日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、大会には金正恩党委員長が参席。また、金永南(キム・ヨンナム)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の各氏をはじめ党・国家・軍隊の責任幹部、平壌市内の市民、海外同胞祝賀団、反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部の代表等が参加した。

大会では金永南氏が報告を行い、「総書記は、革命指導の全行程で透徹した反帝・自主の立場と社会主義の原則を堅持し、敵の反革命的攻勢を革命的攻勢で真っ向から立ち向かって粉砕し、朝鮮式に革命と建設を前進させることによって、チュチェの社会主義を強化発展させ、その必勝不敗さを力強く誇示した」と述べた。

また、「人民軍をいかなる帝国主義侵略勢力も一撃の下に撃滅、掃討できる無敵必勝の白頭山革命強兵に強化発展させ、国防工業の主体化、現代化を新しい高さで実現し、わが国を全人民が武装し、全国が要塞化された難攻不落のとりでに転変させた」と強調した。

さらに、「人民大衆の自主偉業、社会主義偉業の勝利を目指す強固な土台を築き、栄光に輝く金正恩時代の輝かしい前途を開いた金正日総書記の革命的生涯と不滅の業績は千秋万代に末永く輝く」と語った。

そのうえで、「金正恩元帥の周りに固く団結して、チュチェの社会主義偉業の最後の勝利を目指して力強く前進、また前進しよう」と主張した。