朝のどんよりむくみ顔をケア!プロが教える3分マッサージ

写真拡大 (全7枚)

朝起きたら顔がむくんでパンパン! このままじゃ外に出るのも恥ずかしい……なんて思いをしたことはありませんか?

お酒などを飲み過ぎた翌日には誰でもむくみやすいものですが、特に30〜40代くらいになると、慢性的に朝のお顔のむくみに悩んでいる女性は実は多いんです。

今回はエステティシャンの筆者が、短時間でもできる簡単マッサージ法についてご紹介します。

メイク前の3分で!むくみをケアするフェイスマッサージ

お顔のむくみをとるのにポイントとなるのが、耳の下にある耳下腺リンパ節と、頬骨のところにある顔面リンパ節です。

ここのリンパの流れがよくなると、頬からフェイスラインがすっきりしてお顔がシュッとなります。では、実際にやっていきましょう!

(1)まずは、耳下腺リンパ節を流す

耳の下側あたりを指のはらで刺激します。グイグイと強くやりすぎないように気をつけて、押しまわすように、揉むようにします。

(2)ホホにある顔面リンパ節を流す

今度は、頬骨の下にある顔面リンパ節を刺激します。むくんでいると痛いことがあるので、ここもゆっくり押しまわすように揉みます。

(3)頬全体のむくみを耳下腺リンパ節に流す

(2)でほぐしたリンパ節の位置から、耳の付け根あたりに向かって頬全体を横に流していきます。このとき、頬を下にさげないように注意! たるみの原因になりかねませんので、ゆっくり真横に流します。

(4)フェイスラインも指でしっかり流す

今度はあご下から耳下腺リンパ節に向かって、右のフェイスライン、左のフェイスラインを交互に流していきます。このとき、指の横の部分を使って流していくと上手にできます。指先が耳下腺リンパ節に届くまで、きっちり流しましょう。

(5)最後に、鎖骨リンパ節に流し込んでフィニッシュ!

最後は、あご下の部分から鎖骨にむかって老廃物を流し込むように、指の腹でなでおろしていきます。このときも強くなりすぎると、首の肌に負担をかけてしまうので丁寧に流していきましょう。

鎖骨のところにいったら、少し奥に入れるように鎖骨をプッシュするとなおよいです。

(6)時間に余裕があれば、後頭骨のマッサージもプラス!

時間に余裕があれば、さらに仕上げとして後頭骨(首の付け根に近いところの頭の部分)もマッサージしてあげると、リフトアップ効果も加わってよりスッキリします!

お顔の肌を後ろ側にひっぱるようなイメージで揉んでいくと、さらにリフトアップ効果が期待できます。

いかがでしたか? メイク前に3分ほど時間をとって行うだけで、むくみとりやリフトアップの効果だけでなく、お顔の血色やツヤもよくなって、ファンデーションにノリもよくなるなど、嬉しい効果がいっぱいのマッサージです。

朝は忙しくて……という方は、夜のお風呂タイムに行うのもよいですよ。何もつけずにできるマッサージですが、湯船につかりながらマッサージオイルやジェル、クリームなどで行えば、保湿効果や美容効果がさらに期待できます。

ご自身のやりやすいタイミングで、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

【画像】

※ Tinatin / Shutterstock

【筆者略歴】

高野亜伊

エステサロン、ブライダルエステなどで約10年エステティシャンとして1万人以上を施術。2013年に独立し、「横浜関内リンパトリートメントサロン メゾンドスリール」をオープン。管理栄養士免許保有。