アラブ首長国連邦ドバイ交通局は13日、ドバイが今年7月に人を乗せる自動飛行ドローンの使用を許可する世界初の都市になると発表した。採用された機種は中国製の「億航184」だ。

写真拡大

アラブ首長国連邦ドバイ交通局は13日、ドバイが今年7月に人を乗せる自動飛行ドローンの使用を許可する世界初の都市になると発表した。採用された機種は中国製の「億航184」だ。新華社が伝えた。

この機種の名前「184」は、乗客1人、8ローター、4アームを意味する。ドバイ交通局は12〜14日に開催された第5回世界政府サミットで同機を展示し、多くの見学者を集め、メディアから注目された。「中国のテスラ」とも呼ばれている。

ドバイ交通局が発注した同機は電力のみの駆動となり、卵型の機体の高さは1.5メートル、重さは約200キロ、航続能力は30分もしくは50キロほどで、体重約117キロまでの乗客を運ぶことができる。乗客以外にも小さなトランクを積むことができる。乗客は搭乗後、スマートパネルで目的地を設定し、地上指揮センターが4Gネットワークで同機を遠隔操作し、目的地まで送り届ける。(提供/人民網日本語版・編集/YF)