世界で高評価の日本ブランドTop10、スバルの価値が急伸

写真拡大

世界最大のブランドコンサルティング会社・インターブランドが毎年発表している「Japan’s Best Global Brands」ランキング。2017年版から、世界で活躍している日本企業のブランド力を見てみよう。

伸び率No.1はスバル
自動車勢の強さ際立つ

 日本が本格的な人口減少に突入する中、企業のグローバル展開は今や必要不可欠な経営課題。そして、ブランドとは、単なる企業イメージではなく、商品開発からサービス、販売の現場に至るまで企業が一丸となって顧客に訴求すべき重要なアイデンティティである。

 インターブランドは毎年、「Japan’s Best Global Brands」と名付けた、日本企業のグローバルにおけるブランド価値ランキングを発表している。今回発表された2017年版では、どんな企業がランクインされたのだろうか?

 対象となるのは日本のグローバルブランド(海外売上高比率30%以上)で、上場している企業。財務分析による現在の利益と将来予測、利益のうちブランドの貢献分がどれだけか、そしてブランドによる利益の将来の確実性の3点で評価をした。

 トヨタ(1位)、ホンダ(2位)、日産自動車(4位)とあるように、自動車メーカーの圧倒的な強さが見て取れる。一方、伸び率に注目すると成長率No.1はスバル(10位)の前年比28%だ。

 スバルは過去3年で3倍もブランド価値が伸びた。また、マツダ(13位)も、同じく過去3年で2倍以上の伸びだ。

 スバルとマツダはなぜこんなに伸びているのか。その理由を、並木将仁・インターブランド社長兼CEOは「自分の個性をしっかり見つけている点に尽きます。スバルは安心と愉しさを実現する運転支援システムとして『アイサイト』を展開し、モノづくりすべてにこの要素を入れています。一方、マツダはデザインに力を入れ、“赤”にこだわっている」と指摘する。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)