宮迫博之&蛍原徹が重要な役どころに! (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・
テレビ朝日・ADK 2017

写真拡大

 「クレヨンしんちゃん」の劇場版25周年記念作「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」のゲスト声優として、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之と蛍原徹が参加していることがわかった。2人の出演は「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」以来、約15年ぶり2度目。宮迫は宇宙人シリリの父、蛍原はシリリを追う謎のエージェント・モルダダに声を吹き込んでいる。

 故臼井儀人さんによる漫画が原作の、国民的人気アニメの劇場版第25作。シリーズ最高興行収入(22.9億円)を記録した前々作「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」を手がけた橋本昌和が監督・脚本を務め、宇宙人シリリとしんのすけによる珍道中を描く。

 ある日、野原家に宇宙人シリリがやってくる。シリリの放つ光線によって、ひろしとみさえは25歳若返り子どもの姿になってしまう。もとに戻るためには、日本のどこかにいるシリリの父親を見つけなければならず、野原一家はしんのすけの尻にシリリを隠し、日本縦断の旅に出る。

 宮迫は約15年前を振り返り、「嫁から『今日何の仕事?』と聞かれて、『クレヨンしんちゃん』って答えたら、そんな仕事があると思われなかったからか、『クレヨンしんちゃんの仕事って何?』って言われたまま、無言で家を出てきたのを覚えています」と切ないエピソードを明かし、「再びオファーを頂けて、すごく嬉しかったです」と歓喜の様子。蛍原も、「(前回は)『わぁー!』とか『あー!』とか叫んで、セリフを言っていた印象がなかった」と述べたものの、「あれから結婚して、今ちょうどしんちゃんと同い年の5歳の娘がいます。このタイミングでのオファーには運命を感じますね。ちょうど娘がしんちゃんをリアルタイムで見ているので、今回は子どもにも自慢できます!」と期待に胸膨らませている。

 すでに予告編のアフレコは終えている2人だが、本編の収録はこれから。しんのすけは「15年ぶりぶり!? あっという間ですな〜。でも雨上がりの2人とまた共演できて、オラ嬉しいゾ!」としみじみ語り、「2人とも今回の映画のカギを握る重要な役だから、オラの口からはこれ以上言えないゾ……。映画を見てのお楽しみ! 見れば〜」とコメントを寄せている。

 「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」は、4月15日から全国で公開。