写真提供:マイナビニュース

写真拡大

不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストはこのほど、「HOME'S住みたい街ランキング」首都圏版に続き、近畿圏の「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキングを発表した。

同調査は2016年1月1日〜12月31日、HOME'Sユーザーを対象に実施。首都圏(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県)、近畿圏(大阪府/兵庫県/京都府)、中部圏(愛知県/岐阜県/三重県)の各エリアごとにランキング結果をまとめた。集計方法は、「HOME'S」に掲載された賃貸物件/購入物件のうち、問合せの多かった駅名をそれぞれ集計。分析は、HOME'S総研が行った。

買って住みたい街と借りて住みたい街は、「HOME'S」で住まいを探すユーザーの検索・問合せ数をベースに算出した"実際に探されている街/駅"のランキング結果となる。買って住みたい街は分譲マンション、分譲一戸建て、中古マンション、中古一戸建てを探している街から、借りて住みたい街は賃貸物件を探している街から算出した順位となっている。

近畿圏の「買って住みたい街」ランキングでは、「天神橋筋六丁目」がトップとなった。同社では、大阪・梅田エリア、北浜エリア、心斎橋・長堀エリアと、ベッドタウンである千里・吹田エリアをつなぐ"中間地点"として職・住・遊のバランスが取れていることが、支持を集めた要因であると言えそうだ、と分析している。

「借りて住みたい街」ランキングでは「三ノ宮」がトップに輝いた。交通利便性が高い上に、賃貸物件が豊富でさまざまなタイプの物件が揃っているため、条件に適ったものが見つけやすいというメリットがある。ほかには「上新庄」「茨木市」など以前からのベッドタウンが"再評価"され始めている傾向も見られた。

同社では、2月下旬には「猫が多そうな街ランキング」「すっぴんで歩けそうな街ランキング」「働きながら子育てするのに良さそうな街ランキング」など、街に関するさまざまな調査結果を発表する予定としてる。

(エボル)