写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サードパーティー製の日本語入力システムを使っている場合、Microsoft IME(MS-IME)を利用する機会は少ない。そこでMS-IMEの削除方法を紹介する。

○ワンクリックで削除完了

MS-IMEはWindows 10標準の日本語入力システムだが、ATOKシリーズなどサードパーティー製品を利用している場合、削除してもかまわないだろう。以下の手順で簡単に削除可能だ。

標準IMEの削除は、拍子抜けするほど簡単である。削除後に何らかの不具合が起きるかといえば、少なくとも筆者が確認する限りでは特に生じていない。ただ、今後リリースされるWindows 10 Creators Updateのような大型アップデートを適用すると、MS-IMEが復活するため、同じ手順で削除してほしい。

筆者はWindows 10 Insider PreviewでMS-IMEを削除しているが、新ビルドへの更新時はMS-IMEが復活したり、しなかったりと、動作が安定しない場合がある。ただし、日本語入力面で問題はない。

注意点は、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションだ。UWPアプリによっては、サードパーティー製の日本語入力システムでは応答せず、MS-IMEに切り替える必要がある。もっとも、UWPアプリで日本語入力システムを有効にすると、動作しないケースも散見される。この辺りは、日本語入力システムやWindows 10ではなく、UWP側の問題となるだろう。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)