市原悦子からのメッセージに感激した様子の林遣都

写真拡大

 映画『しゃぼん玉』のワールドプレミア上映会が16日、シネスイッチ銀座にて行われ、主演の林遣都と東伸児監督、そして劇中に登場する柴犬のチョコが出席した。この日は、所属事務所から自己免疫性脊髄炎の治療のための休養が発表されている共演の市原悦子が、サプライズで肉声のボイスメッセージを届け、林は「ただただ嬉しいです」と感激していた。

 本作は、直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説をもとにした作品。親の愛を知らずに育ち、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者が、逃亡先で出会ったスマ(市原)や村の人々の優しさに触れ、人として更生していく姿が描かれる。

 市原から「林さんとの共演は忘れられないものになりました。これからどんな役をなさるのでしょう? 楽しみです」とボイスメッセージをもらった林は、「この先もずっと俳優をやっていく上で、市原さんとの共演は『武器』となるものを得られた期間でした」と市原との撮影を回想する。そして「撮影中は常に(林が演じた)翔人として接してくださって、ずっと感情を込め続けられるように本当のおばあちゃんのように接してくださったんです」と大先輩へ感謝の念を述べていた。

 また、市原の肉声に続く2つ目のサプライズとして、劇中で非常に味わい深い演技を見せていた柴犬のチョコが宮崎県の椎葉村からはるばる登場。林はスーツに毛がつくことも気にせず抱きかかえて顔を近づけるなどハイテンションになり、「(チョコの演技は)奇跡的に素晴らしいお芝居でした。とても愛らしく、こちらもいい気持ちでした」と撮影当時を懐かしそうに振り返っていた。(磯部正和)

映画『しゃぼん玉』は3月4日より全国公開