1
 
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは2月15日、パイオニアブランドのLightning接続ノイズキャンセリングイヤホン「Rayz」「Rayz Plus」を3月下旬に発売すると発表しました。

世界初、Lightning Audio第2世代技術を採用

「Rayz」「Rayz Plus」は、AppleのLightning Audio第2世代技術を世界初採用し、低消費電力とLightning端子からの電源供給による外部バッテリー不要での高精度アクティブノイズキャンセリングを実現したイヤホンです。
 
「Rayz Plus」には、世界初のLightning接続用充電ポート内蔵ケーブルを装備し、充電しながら音楽再生や通話が可能です。
 
左右のイヤホンに各2個、リモコン部分に2個、合計6個のマイクにより周囲の音をスキャンしてリアルタイムにノイズキャンセリングが可能となっています。また、逆に周囲の音を聞こえやすくするHearThruモードも装備しています。
 
また、イヤホンに内蔵されたマイクで、イヤホンが耳から外れたことを検知すると自動で再生を停止、耳に戻すと再生を再開することが可能です。
 
専用アプリの利用により、音質設定、ボタンの機能割当てなどの機能が利用可能となるほか、ファームウェアアップデートにより機能の追加も予定されています。
 

カラバリは4色、価格は11,800円と15,800円

カラーバリエーションは、ブロンズ、グラファイト、オニキス、アイスの4色で、3サイズのイヤーチップとコードクリップが付属します。
 

 
価格はオープンプライスですが、ケータイwatchによると予想実売価格は「Rayz」が1万1800円、「Rayz Plus」が1万5800円(ともに税別)とされています。
 

 
 
Source:Rayz 製品情報サイト, ケータイwatch
(hato)