「中国人観光客が去った後の空港はごみだらけ」とのネット投稿が韓国で注目を浴びたが、一部韓国のメディアからは「中国人観光客に100%問題があるとは言えない」との指摘が出ている。写真は済州国際空港。

写真拡大

2017年2月16日、環球時報によると、「中国人観光客が去った後の空港はごみだらけ」とのネット投稿が韓国で注目を浴びたが、一部韓国のメディアからは「中国人観光客に100%問題があるとは言えない」との指摘が出ている。

韓国・済州市の住民がフェイスブックで訴えたのは、済州国際空港の惨状だ。「中国人は一心不乱に免税品の包装を破り、清掃員は黙々とごみを集めていた。済州に来る観光客から入島費を取るべきと初めて感じた」などとつづり、ごみだらけになった国際線ロビーの写真も一緒に掲載した。この投稿を15日付の記事で取り上げた韓国紙・朝鮮日報は「中国人観光客は待合ロビー近くにある免税品受け取りカウンターで商品を受け取った後、中身だけ持ち去って包装紙などは床に放置したまま」と説明、「まるで体積を圧縮して税関の検査を逃れようとしているよう」などと伝えたという。

一方、韓国・聯合ニュースはこの件に対して別の見方を示している。同メディアが指摘するのは空港や免税店側の問題で、「中国人観光客が旅行中に買った免税品は出国時に空港内の専用カウンターで受け取ることになるが、数百人もの中国人観光客が出国までの約2時間の間に狭い出発ロビーに一度に押し寄せる。ごみ箱の数も少ない」などと、受け入れ能力や設備などの不足を原因として列挙。韓国のネットユーザーから「空港の対策が遅すぎる」との声が出ていることも紹介した。しかし多くの韓国人は、この記事の見方に否定的なようだ。記事には1000件を超えるコメントが寄せられたが、ほとんどが「空港の設備と関係なく、あんなふうにごみを捨てるのはおかしい」と中国人観光客のマナーの悪さを指摘する声で、中には「中国人客があふれているはずの羽田空港はなぜきれいなんだろう?」と疑問を投げ掛けるコメントもあった。(翻訳・編集/野谷)