横浜FMが総持寺で必勝祈願、新主将就任の齋藤学「ピッチでの表現を大事に」

写真拡大

 横浜F・マリノスが16日、横浜市内にある総持寺で必勝祈願を行った。古川宏一郎代表取締役社長やエリク モンバエルツ監督、スタッフを始め、選手を代表して新キャプテンの齋藤学、選手会会長の中町公祐が参加。大祖堂で、今シーズンの躍進を祈願した。

「1年目か2年目ぐらいの時に選手全員で参加したことがある」と振り返った齋藤は、「こういうことってすごく大事なことだと思うので、選手全員で来てもいいぐらい」と久々の必勝祈願に意味を感じた様子。さらに、祈願した内容について聞かれると「言いたくないなあ(笑)」と周囲の笑いを誘ったが、「選手の健康とチームの躍進を願った」と明かした。

 また、齋藤は前日に新キャプテン就任が発表されたばかり。「自分の口で何かを発信するのはすごく大事なことなので、キャプテンとして責任ある立場になるし、チームの代表としての発言になると思うのでしっかりとした言葉で言っていきたい」と意気込みを語りつつ、「ピッチで何を示すかはサッカー選手としてすごく大事なことなので、ピッチでの表現を一番大事にしたい」と、いちプレーヤーとしての躍進も誓った。

 今季は選手が大幅に入れ替わり、チームの若返りを図った横浜FM。「若いチームなのでいい時はいいですけど、苦しい時に僕やマチくん、副キャプテンの方々と一体となって支えていくことが大事だと思う。ピッチで示していきたい」と抱負を語った。