合コン終了後、女子メンバーだけで「今日は当たり会だったわ〜!」とか「今日、メンズのレベル低くなかった?」なんて、言いたい放題の評論会を繰り広げることもありますよね。誰かの悪口というのは、なぜだかわかりませんが団結力が強くなるものですからね〜。しかし、自分1人だけがターゲットにされてしまったときには、そのモヤモヤをどこにも持っていくことができず……。今回は、絶賛恋活中の女子を襲った“ハイダメージな質問”を一挙公開!

1: 「給料いくらなの?」

「私が自営業だとわかった途端に『自営ってどうなの? 食べていけるの? 生活するだけ稼げるの?』と。単に気になっただけかもしれないけど、初対面の相手にお金の話をふってくるのって失礼すぎない?」(29歳/自営業/女性)

▽ これ、筆者も似たような経験があります。そのときは「原稿料って安いんじゃないの?」とか「月500本くらい書かないと、人並みの生活なんてできないよね?」とか散々な言われようでしたよ。とはいえ、会社員にはわかり得ないところだとも思いますので、しょうがないと諦めることも大切かも。もうたぶん、“自営業者あるある”なのだと思います。

2: 「若くなさそうだけど、何歳なの?」

「『女性は若いほうが良い!』だなんて失礼極まりない! そんな失礼なこと言うやつには『あんたみたいに安月給なやつは若年層にしか相手にされないよね!』って言ってやりたかった」(30歳/広告代理店/女性)

▽ 女性はいまだに年齢で判断されがちですが、それに対して到底納得することはできません。“男性は30歳から脂がのってくる”なんて言われますが、それはきっと女性だって同じなのに……。

3: 「既婚でも大丈夫な感じ?」

「つい最近『〇〇ちゃんって既婚者でも付き合える人?』ってきいてきた既婚男性に遭遇した! 真剣に出会いを求めて合コンに参加したのに残酷すぎる!」(27歳/アパレル/女性)

▽ こっちは本気で恋の相手を探しに来ているというのに勝手すぎますね! 既婚者は合コンに来ないでほしいです。しかし事前に意思確認をしてくれたのは、せめてもの優しさだったのでしょうか……?

4: 「最近暇だし、今週末も会う?」

「あなたが暇だろうが何だろうがどっちでもいいけど、私まで暇だと決めつけないで!」(28歳/コールセンター/女性)

▽ たとえ「この人イイかも〜!」と思っていても、この一言を言われた瞬間に冷めてしまうという人も多いのでは? 男性からすれば“テレ隠し”だったり、“言葉のあや”だったりするのかもしれませんが、受け取るほうからすると面白い言い回しではないですよね。

大人だから我慢する、大人だから笑って流す……もちろんそれも大切なことですが、耐えられないときには耐えなくても良いと思います。我慢をし過ぎずステキな恋を見つけてくださいね!