成田凌

写真拡大

 俳優になる前は美容師を目指していたという俳優の成田凌(23)が、4月から開始する桐谷美玲主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」で、自身初となる美容師役に挑戦。実際に美容師免許を取得している成田が、ドラマという場でその腕前を見せる時がきた。

 本作は、研究に没頭するあまり、自分は女子力や美を捨ててきた「女子モドキ」なのではないかと危機感を抱いた理系女子(リケジョ)・城之内純(演:桐谷)をヒロインに、流行のメイクやファッション、美容など「美の特別研究」を開始するリケジョたちの奮闘ぶりを描いた作品。成田は、純が恋に落ちるイケメン美容師・榊圭一役で出演する。

 「美容師役は、いつか“やりたい”と思っていたので、今とてもわくわくしています。昔、美容師を目指していましたが、美容室で働く前にこの世界に入ったので、実際にお店に立ったことがないんです」と積年の思いを打ち明けた成田。初の美容師役にチャレンジできることに、「今回“売れっ子美容師”役ということで、18歳の時に思い描いていた姿が、画面越しに見られるのかと思うと本当にうれしいですし、楽しみです」と喜びをあらわにすると、「美容学校の同期も喜んでくれると思います」と語った。

 また初共演となる桐谷について、「そして主演の桐谷さんはモデル、女優、キャスターなど幅広く活躍されている印象で、今回初めて共演させていただくので、とても楽しみです」とコメント。続けて「他にも魅力的な俳優の方々が出演されるので、皆さんで一緒にこのドラマを盛り上げていけたらいいなと思っています」と呼び掛けていた。

 成田は2013年に「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活動をスタート。2014年にドラマ「FLASHBACK」で俳優としてデビュー。現在公開中の映画『君の名は。』には声優として出演しているほか、『キセキ -あの日のソビト-』では俳優としてだけではなく、作品から生まれたグループ・グリーンボーイズとしてCDデビューを果たしている。(編集部・井本早紀)

木曜劇場「人は見た目が100パーセント」はフジテレビ系にて4月より毎週木曜夜10時〜10時54分放送