INFINITE ホヤ、ドラマ「超人家族2017」への意気込み語る…先輩方から“たくさん学びたい”

写真拡大

INFINITEのホヤが、演技に再挑戦する感想を伝えた。

16日の午後2時、ソウル木洞(モクトン) SBS社屋で、新シットコム(シチュエーションコメディー:一話完結で連続放映されるコメディードラマ)「超人家族2017」(脚本:チン・ヨン、演出:チェ・ムンソク、イ・グァンヨン) の制作発表会が開催され、パク・ヒョクグォン、パク・ソニョン、キム・ジミン、オム・ヒョソプ、パク・ヒボン、キム・ギリ、INFINITE ホヤ、チョン・ユミンなどが出席した。

この日、ホヤは作品を選択したことに関連して「チェ・ムンソク監督の『バリでの出来事』が大好きだったからだ。監督からぜひ学びたかった。パク・ヒョクグォン先輩、オム・ヒョソブ先輩の演技をたくさん見てきたので、学ぶことができるだろうと学生のマインドで出演を決心した」と話した。

続いて「ユ・ヘジン先輩が出演した映画『ラッキー』を見たが、コミカルな演技をする時、笑わせるためとは言え、オーバーな演技をしてはいけないと言っていた。なので笑わせるのではなく、その状況自体を面白くするように努力している」と伝えた。

また、彼は「撮影に入る前はたくさん心配し、悩んだ。しかし実際に撮影に参加してみたら、先輩たちが自然に引っ張ってくれて、それについて行くような感じだった。監督も、とても細かく指導してくださり、気楽な雰囲気で撮影している」と付け加えた。

SBSシットコム「超人家族2017」は、この時代を生きている私たち皆が“超人”であるというテーマのもと、平凡なサラリーマン、主婦、学生たちの物語を笑いと感性、風刺を通じて描いたミニドラマだ。

韓国で20日からスタートし、毎週月曜日の午後11時10分に放送される。