By mendhak

2017年2月15日(水)に提供予定となっていたセキュリティ更新プログラム「Windows Update」が、2月はリリースされないことが明かされました。

2017 年 2 月のセキュリティ更新プログラム リリース - 日本のセキュリティチーム

https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2017/02/15/february-2017-security-update-release/



Microsoftは毎月Windows向けにセキュリティ更新プログラムを提供していますが、2月15日にリリース予定であった2月のWindows Updateは3月の更新プログラムの一部として公開されることが定であったことがMicrosoftのセキュリティチームが公開している公式ブログの中で発表されました。

ブログの中でセキュリティチームは「私たちの最優先事項は、お客様のシステムを維持し、保護する際に最良の体験をお客様に提供することです。 今月、更新プログラム公開の直前に問題を発見しました。その問題は一部のお客様に影響を与える可能性があり、本日予定していた更新までに解決に至りませんでした。すべての選択肢を検討した結果、私たちは今月の更新プログラムを延期することを決定しました。本変更によりお客様の計画にご迷惑をおかけすることをお詫びいたします」とコメントしており、更新プログラム公開直前に問題が見つかったことでリリースが延期されることとなったことを明かしています。

なお、窓の杜によれば更新されなかった2月の月例セキュリティ更新プログラムには「Microsoft Edge」「Internet Explorer」を対象とした「Adobe Flash Player」の脆弱性修正も含まれていたはずとのこと。これに対する更新プログラムが個別に配信されることになるのか、それとも3月の更新まで放置されるのかは不明です。

2月の更新プログラムはリリースされず、3月にまとめて配信 〜Microsoftが発表 - 窓の杜

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1044591.html