写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アミュレットは16日、Thunderbolt 3接続で使用する外付けグラフィックス拡張ボックス「AKiTiO Node」の取り扱いを発表した。2月20日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は49,900円前後(税込)。

PCI Express 3.0 x16対応のグラフィックカードを、Thunderbolt 3経由でPCに接続するための拡張ボックス。Thunderbolt 3を搭載しているノートPCや小型PCなら、CPU内蔵グラフィックスを越えるパフォーマンスを実現できる。

本体内部には、PCI Express 3.0 x16対応のグラフィックカード×1枚を搭載可能。対応カードサイズはフルレングス、およびフルハイト(312mm×107mm)で、2スロット占有タイプの製品も装着できる。なお、内部インタフェースはPCI Express 3.0 x4動作となる。

本体内部には400W SFX電源を内蔵。PCI Expressスロットからの電源供給に加えて、補助電源コネクタ(8ピン×2基まで)を使用するグラフィックスカードに対応する。冷却用に大型ファンを装備。本体サイズはW145×D428×H227mm、重量は4.7kg。対応OSはWindows 10。

(リアクション)