冬の交渉では神戸と合意に至らなかったことが伝えられたポドルスキ。この獲得騒動も夏でようやく決着するか? (C) Getty Images

写真拡大

 トルコ・リーグのガラタサライに所属する元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキが、今夏にJ1のヴィッセル神戸に加入することが内定していると、トルコ紙『ヒュッリイェト』が現地時間2月14日に報じた。
 
 ポドルスキの神戸加入は以前より噂されており、今年1月に神戸側が正式オファーをしたものの、ガラタサライ側がこれを固辞し、さらに250万ユーロ(約3億円)以上の移籍金を要求。さらにポドルスキ本人も「今のところは、何も起こっていない」と残留の意志を示したことで、移籍話は暗礁に乗り上げていた。
 
 とはいえ、同紙によれば、今冬の移籍は実現しなかったが、神戸は継続的に交渉を続け、ヨーロッパのシーズンが終了する6月に加入することでポドルスキ、さらにクラブ間でも合意に至ったという。
 
 さらに同紙は、移籍金は270万ユーロ(約3億3000万円)、年俸500万ユーロ(約6億円)の3年契約で、数日中に正式発表がされる見通しになったことも伝えた。
 
 今シーズンはトルコ・リーグでここまで13試合で3ゴール・3アシストをマークしているポドルスキ。31歳ながら身体のキレは失っておらず、神戸に加入することになれば、大きな戦力になりそうだ。