写真提供:マイナビニュース

写真拡大

仏Withingsのアナログ型スマートウオッチ「Withings Steel HR」が、日本でも発売された。フェイスのサイズとして36mmと40mmの2サイズを用意し、税込価格は36mmが24,800円、40mmが27,800円。欧米地域では2016年10月から販売されており、その当時は日本での発売日と価格は未定だった。

Withings Steel HRのフェイスは、アナログ針とデジタル画面のコンビネーション。アクティビティトラッキングを自動で行い、歩数、走行距離、消費カロリーなどを記録可能。画面に表示する情報は、消費カロリー、1日の歩数、走行距離、睡眠時間、スマートアラームなどを切り替えられる。

心拍測定には「光電式容積脈波記録法」を採用し、緑のLEDライトで手首の血液中濃度が変わる様子を感知して測定。また、ランニングを感知すると継続的な心拍測定を自動で開始し、睡眠時には健康を表す指標である安静時心拍を自動で測定する。内蔵バッテリーによる駆動時間は、連続使用で最長25日間。時計本体の防水性能は5気圧。

スマートフォン情報の通知機能は、電話、メール、ショートメッセージ、イベントリマインダーなど。歩数目標は、無料アプリ「Withings Health Mate」から設定できる。