Doctors Me(ドクターズミー)- 花粉症と黄砂アレルギーは何が違う? 春に向けてすべき黄砂対策とは

写真拡大 (全7枚)

3月から5月にかけて飛来する黄砂によってもたらされる、黄砂アレルギーを皆さんはご存じでしょうか?

花粉症かな?と思っていた症状の原因はもしかしたら黄砂によるものかもしれません。

今回はアレルギーの原因となる黄砂や、アレルギーの症状や対策について医師に解説していただきました。

黄砂とは


中国大陸から飛んでくるといわれる一年で数百万トンにも及ぶといわれる非常に目の細かい砂のことです。

黄砂は飛来する過程で、上空で大気汚染物質と反応し、有害物質を含む物質になることが問題であるといわれています。

黄砂が飛ぶ時期


風向きなどの関係から、3月から5月の春先に飛散すると考えられます。

黄砂が飛ぶ地域


中国大陸に地理的に近い日本海側や、西日本に多いといわれています。

黄砂アレルギーの症状


黄砂アレルギーは、黄砂に付着している例えば硫酸化合物や硝酸化合物、あるいはカビなどがアレルギーを引き起こし、以下のような症状が表われます。

■ 目のかゆみ
■ 咳
■ 鼻水
■ ぜんそく
■ 息苦しさ

黄砂アレルギーによって悪化する危険性のある疾患


湿疹


黄砂に含まれる硫酸化合物や硝酸化合物といった成分が皮膚に付着することで、湿疹、皮膚炎などを悪化させることがあります。

ぜんそく


ぜんそくの発症にかかわることもあり、もともとあったぜんそくを悪化させる場合があります。

肺炎


粒子の細かい黄砂は肺の奥深くまで入り込むため、肺炎を引き起こすことも考えられます。

脳梗塞


黄砂によって血管内で炎症を起こし、脳血管が詰まる可能性が指摘されています。

黄砂と他のアレルゲン原因物質との違い


花粉症


花粉症の場合には花粉そのものがアレルゲンになるのに対し、黄砂アレルギーの場合は黄砂本体ではなく、そこに付着した物質がアレルギーの原因となる場合が多いという点が異なる点といえます。

PM2.5


例えば花粉に比較すると粒子の小さな物質であることが知られていますが、PM2.5の方がより細かい粒子であることが知られています。

黄砂アレルギーの治療


治療内容


まずは、アレルギーの原因を特定するために、特異的IgE抗体の検査や、皮膚反応の検査などを行います。治療としては対症療法になります。

処方される薬


特効薬はなく、お薬は症状によって異なります。

黄砂アレルギーに対する予防対策


■ 黄砂の飛んでいる日は外出を避ける
■ 外出する場合はメガネやマスクなどを使用する
■ 黄砂の飛ぶ季節は特に体調管理に気を付ける

最後に医師から一言

黄砂アレルギーは中国の大気汚染問題が深刻化してから、話題になることが増えたように感じます。

未知の部分も多く、発がんとの関連もいわれていることから、飛散情報などに十分注意し、アレルギーを発症している方はもちろんそうでない方も気を付けたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)