中国の「80後(1980年代生まれ)」の夫婦の間では保険をプレゼントしあうのが新たなトレンドになっている。北京日報が伝えた。

第三者保険サービスプラットフォーム・慧択網がこのほど発表した夫婦の保険加入に関するビッグデータ報告をみると、既婚者で保険に加入した人の年齢層では、30〜34歳が最も多くて27%に達しており、二番目に多い年齢層は35〜39歳の22%だった。この年代は世帯収入が安定し、経済力と責任意識が高まり、こうしたことが配偶者の間での保険購入という行為を後押ししているとみられている。

男性よりも女性の方が家族の健康やリスクに対する意識が高い。同報告によれば、妻が夫に保険をかける割合は加入者のうち約54%を占め、夫が妻にかける割合は約46%で、妻をやや下回った。保険料をみると、夫が妻にかける保険の平均年間保険料は773元(約1万2786円)、妻が夫にかける保険は986元(約1万6309円)となっている。

また、夫婦で「旅行保険」をプレゼントする人気が上昇中だ。同じ期間に夫婦が加入した保険の上位5種類は、海外旅行保険、国内旅行保険、障害保険、重大疾病保障保険、航空保険となっている。

データをみると、夫婦の保険加入者が最も多かったのは上海で、以下、北京、広州、深センが続いた。また同プラットフォームの統計をみると、話題の「恋愛保険」は実際には加入率が低く、保険会社の話題作りの側面が大きいといえる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)