合コンで「化粧品メーカー」を落とすなら、“愚痴らせる乙女になれ!”

写真拡大

こんにちは、トイアンナです。イケメンが好き? じゃあここ行きな! というくらいさわやかイケメン率が高い業界が「化粧品メーカー」でございます。デパートのコスメカウンターへ行くとキラッキラの美容部員さんに紛れてきれいめ男子が数名いませんか? そう、彼らのことです。落とす難易度も高いが、たしかに魅力たっぷりなヤツらをゲットだぜ。なお、今回も私の周囲にいる男性を参考にしています。すべての「化粧品メーカー男子」にあてはまるわけではないのでご注意を!

<本日のモンスター:化粧品メーカー男子>

研究開発職を除けば、営業から美容部員までイケメン多すぎ問題! それが化粧品メーカー男子です。しかも彼らのお仕事は「ワガママな女性を慰めて数十万のプレミアコスメを売る」お仕事。必然的に愛きょうたっぷり、話術バツグンのとんでもない合コンモンスターが爆誕します……!

●OP(落としやすさポイント):★★☆☆☆

モテるので捕まえるのが難しいです。社交的な彼らは合コンにもよく登場しますが、ワザが強い。「〇〇ちゃん手がめっちゃキレイだね(と言いながら触る)。仕事柄よく女性の手って見るんだけどさ、これは100人にひとりだよ、どうケアしてんの?」と褒めるのも上手、コスメカウンセリングで慣れているため愚痴聞きも上手というモテ生命体です。さらに、どうぐ「自社コスメのサンプル」まで持ち歩くため、5人中4人の女性ははかいこうせんを喰らって倒れることでしょう。

●タイプ:モテ系

誤解を招かないよう書いておきますが化粧品メーカー男子は遊び人ではありません。むしろ「仕事へまじめに取り組んだ結果、女性慣れしてしまう」のです。結婚後は誠実な方も多いのでご安心を。ただし、女性を見てきた人数は我々女の比ではありません。コスメカウンターの常連おマダムからキラキラ美容部員までとにかく出会いが多い。比較的出会いが限られる営業担当ですら、ちゃっかり美容部員や百貨店の店員さんと結婚して恋愛市場から去ってゆきます……!

■「化粧品メーカー男子」ゲットのカギ!

●出会いは美容部員か百貨店のスタッフ経由で

合コンのきっかけは美容部員や百貨店で働く友人にお願いしましょう。「あれ、同じ化粧品メーカー女子は?」と思うかもしれませんが、店舗や営業先で活躍する彼らは社外にいることが多いため、取引先のほうが有利です。その他「ドラッグストアや大型商業施設で化粧品を担当したところ、研修で化粧品メーカー男子に出会えた」というご報告もありました。

いざ出会いを確保したら、しっかりメイクは忘れずに。普段見ているのがお化粧ばっちりの美容部員さんだけに、彼らの要求水準はやや高め。本気で狙いに行くなら美容室でメイクしてもらってから行くのもアリ。また、普段からコスメ業界に接しているだけあって、話題も美容系で盛り上がれます。

●愚痴らず、愚痴らせよ

彼らは女性をお客さまにしてきただけあって、女性がどうすれば喜ぶかをよく知っています。合コンで何も心構えをせず挑むと、「聞いてよ! 会社の上司がさ〜」と話題を引っ張り出されて自分だけ楽しめる話題を振ってしまうこともしばしば。しかしそうなったが最後、あなたは「彼女候補」から「ただの客候補」になります。我々は別に彼のコスメカウンターへ行くため合コンしてるんじゃありません。ウッカリ接待されないよう注意してください。

化粧品メーカーの男性を落としたいなら、彼が楽しめる時間についても考えてみて。たとえば「女社会でもまれるのって大変じゃない?」とむしろ彼から愚痴を引っ張りだしましょう。帰り際に「今日は久しぶりに自然体で話せたな」と思わせたら成功です。

実際に働く男性からは「美容でどんだけケアしてるか、仕事柄(女性を見る目が)厳しくなっちゃうのは悪いけどあるね。ただ、気を遣って疲れちゃうような子のほうがいい。裏がないって信頼できるし」と本音もポロリ。無理して女性を売りこむよりも、自然体で仲良くなれるといいですね。

(監修・文:トイアンナ、イラスト:菜々子)

※次回「アパレル男子編」は2月23日(木)更新。オシャレ男子ゲットだぜ!