チャン・ヒョク主演ドラマ「ボイス」KNTVにて4月より日本初放送決定!

写真拡大

チャン・ヒョク主演の骨太サスペンスドラマ「ボイス」(原題) が4月よりKNTVにて日本初放送されることが決定!

本作は、緊急通報センターを舞台にチャン・ヒョク演じる刑事とイ・ハナ演じるボイスプロファイラーが通報者の電話の音声から事件を解決していく骨太サスペンスだ。人気K-POPグループ、SUPER JUNIOR イェソンも出演し注目を集めている。

■放送概要
「ボイス」(原題)
2017年4月3日(月) 日本初放送スタート
毎週(月・火) 午後10:05〜11:15ほか
全16話予定
演出:マ・ジンウォン(「カムバックマドンナ〜私は伝説だ」)
脚本:キム・ホンソン(「LIAR GAME〜ライアーゲーム〜」)
出演者:チャン・ヒョク、イ・ハナ、ペク・ソンヒョン、イェソン(SUPER JUNIOR) ほか

<ストーリー>
数々の難事件を解決してきた腕利きの刑事ジニョク(チャン・ヒョク) は、3年前のある夜、突然の悲劇に襲われる。逃亡犯を捕まえて祝杯を挙げていたところ、妻が何者かに惨殺されたのだ。まもなく有力な容疑者が逮捕されるが、通報を受けた警察官のグォンジュ(イ・ハナ) は法廷で犯人の声と違うと証言。ジニョクは激怒した。3年後、グォンジュはアメリカ留学から帰国し、ジニョクのいるソンウン地方警察庁の112通報センター長に就任。ジニョクは喰ってかかるが、そのとき、殺されそうだと助けを求める女性から通報が入る。ジニョクが現場に向かい、聞こえないはずの音が聞こえるというグォンジュの言葉に従って無事に女性を救出。ジニョクはグォンジュを信じきれないが、グォンジュの力は確かに人々を救うのだった。そして、グォンジュの父もまた3年前の事件で命を落としていたことを知る。ふたりは真犯人を突き止めるため捜査を進めるが…。

■関連サイト
ホームページ:https://knda.tv/kntv/