従来より凶悪なマルウェアとして知られる「Xagent」が、新たなバージョンではmacOSにも食指を動かしていることが分かりました。これまでは主にWindowsやAndroid、iOSが攻撃対象として警戒されていました。

ハッカーグループは大統領選にも影響を及ぼした?

Xagentを開発しているのは、ロシアの有名なハッカーグループAPT28です。同集団は、アメリカ大統領選の選挙結果に影響を及ぼしたのではないかと、まことしやかに囁かれるほどの影響力を有しています。
 
これまでのXagentは、WindowsやAndroid、iOS、LinuxといったOSが攻撃の対象でしたが、調査の結果、新たなバージョンではmacOSにも対応していることが判明しました。

怪しげなサイトからアプリは入手しないように

このマルウェアにMacが感染すると、端末内にバックドアが設けられ、パスワードやシステム構成、実行ファイルが攻撃者に筒抜けとなるのみならず、ディスプレイのスクリーンショット、Mac上にあるiOSバックアップでさえも入手されてしまいます。
 
感染経路については不明ですが、詐欺まがいのアドウェアMacKeeperなどを通して、ユーザーの間に流布されていくのではないか、とみられています。
 
対策としては、公式App Storeか著名な開発者以外からはアプリをダウンロードしないようにすることが薦められています。
 
 
Source:MacRumors,ArsTechnica
(kihachi)