写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ケイ・オプティコムは16日、同社の通信とコンテンツサービスを組み合わせて提供する新しい通信サービス「+SIM」を開始し、3月1日からは日本経済新聞の電子版とセットにした「日経電子版+SIM」を提供すると発表した。

月額3,889円(税別)の日経電子版に5GBのデータ通信が可能なSIMがセットで月額4,946円(同)となり、日経電子版にプラス1,000円程度で通信サービスも利用できるようになる。

+SIMは、同社が従来から提供しているMVNOサービス「mineo」とは異なり、コンテンツホルダーなど、自前の通信サービスを持たない企業などと提携し、相手先ブランドをより強調した形で提供する通信サービス。自社通信サービスとして提供するMVNEとは異なり、通信サービスとしてはケイ・オプティコムが担当する。

○第1弾は「日経電子版+SIM」、5GB/月のデータ通信が可能

日経電子版+SIMでは、ケイ・オプティコムが日経電子版の販売代理店となって通信サービスを提供。回線を契約すると日経電子版の有料会員アカウントが発行され、日経電子版のすべての記事が読めるほか、紙面ビューワーの利用も可能となり、通常の有料会員と同じサービスが利用できる。

回線はNTTドコモ回線を利用し、毎月利用できるデータ容量は5GB。4,946円の月額料金に1,000円をプラスするとデータ容量が10GBに、700円追加すると音声・SMS対応になる。

サービス開始は3月1日。4月27日までは契約事務手数料を無償化するキャンペーンも実施する。

○無料会員を有料会員へ、心理的なコストの壁砕けるか

ケイ・オプティコムによれば、日経電子版は国内最大の有料会員数50万を抱えており、世界的に見ても電子新聞ではニューヨークタイムズ紙の155万、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の96万などに続く世界4位の有料会員数だという。これに加え、無料会員は339万となっており、この無料会員を有料会員へと引き込むことが日経電子版+SIMの狙いだ。

日経電子版は、就職活動や新社会人のタイミングで有料会員となる20代読者が多いものの、値段の高さがネックとなっており、月額1,000円未満であれば契約したいとの意向を示す人が多かった。一般的な大手通信キャリアの5GBプランが月額5,000円程度で、それに日経電子版を加えると月額9,000円近い価格になっていたが、日経電子版+SIMであれば、月額4,946円で日経電子版と通信サービスを利用できるようになり、心理的なコストの壁を取り除けるとしている。

○ベースは「mineo」と同等、自社ブランドを生かして提供

「+SIM」は、ケイ・オプティコムの通信サービスであり、同社が提供するMVNOサービス「mineo」とベースのサービスは同等。「フリータンク」などのmineoオリジナルサービスは利用できないが、データ通信、音声のサービスも利用でき、MNPにも対応する。

ケイ・オプティコムでは、今後もコンテンツやハードウェアなど、通信サービスとセットで提供することでメリットのある企業などとのコラボレーションを狙っていく。企業側にとっては、通信サービスはケイ・オプティコムに一任できるため、サポートなどのコスト追加もなく、自社のブランドを生かしてサービスを提供できるというメリットがある。

ケイ・オプティコムは、2017年度末までにMVNOサービスで100万契約達成を目標に掲げており、mineoに加えて今回の+SIMを追加することで、利用者拡大に繋げたい考えだ。

(小山安博)