画像

写真拡大 (全2枚)

 ヒトクセの動画広告やリッチメディア広告の配信プラットフォーム「Smart Canvas」とアドネットワーク「GeoLogic Ad」が連携を開始。これにより、「Smart Canvas」を通じてスマートフォンの位置情報を活用した広告配信ができる。

 動画広告やリッチメディア広告の配信プラットフォーム「Smart Canvas(スマートキャンバス)」を提供するヒトクセは2月16日、「Smart Canvas」とジオロジックが開発・運営するアドネットワーク「GeoLogic Ad(ジオロジック・アド)」との連携を開始した。

 これにより、動画広告などのリッチメディア広告を、スマートフォンの位置情報データをもとに配信できる。「GeoLogic Ad」は位置情報データを分析してユーザーのライフスタイルや属性を推定しているため、例えば「超高級住宅地のエグゼクティブ」地域に居住する「男性」に対して高級車の動画広告を配信するといったことも可能だ。

 また、「GeoLogic Ad」の動画広告はインストリーム広告やアウトストリーム広告だけでなく、新たにインバナー広告での配信が行えるようになり、ブランド広告をより幅広く消費者に届けることが可能となった。

MarkeZine編集部[著]