『天空の城ラピュタ』シータのシチュー再現イベント 大阪で開催

写真拡大

 スタジオジブリの名作アニメ映画『天空の城ラピュタ』に登場するシータのシチューを再現しようというイベントが大阪府大阪市・北加賀屋みんなのうえんで3月4日に開催されます。

【関連:カリオストロの城に登場する通称「カリオストロパスタ」に挑戦】

 今回のイベントは途上国の子どもたちに映画を届ける目的で開催されます。主催は映画イベントを開催するFilmet(フィルミート)で、イベント収益は全て途上国の子どもに移動映画館を行っているワールドシアタープロジェクト(World Theater Project)の活動に充てられます。

 ジブリ映画に出てくる料理を再現するイベント「映画のごはんを作って、食べよう!ジブリ飯編」の開催は今回二度目。2016年10月に第一弾を開催し『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』から2品が再現されています。『魔女の宅急便』に出てくるニシンのパイを石窯で焼いたものが完成すると、参加者からはとても喜ばれたそうです。

 そして二度目の開催となる3月のメイン料理は前回リクエストの多かった『天空の城ラピュタ』のシータのシチュー。シータのシチューは、海賊ドーラ一の飛行船「タイガーモス号」に乗船したシータが一家やパズーのためにつくった一皿。劇中ではおかわりする人が続出するほどの人気メニューでした。今回の再現にあたっては作品の歴史背景にも沿ったレシピが開発されています。また、シチューの他、石窯を使ってカンパーニュ作りも行うそうです。

 参加資格は20歳以上の方で、参加費は大人3,500円、学生3,000円。定員は20名で、ワールドシアタープロジェクト公式ページ経由にて申し込めます。