パク・ボヨン&ZE:A ヒョンシク、ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」バックハッグ姿をキャッチ…“胸キュン指数最高潮”

写真拡大

パク・ボヨン、ZE:Aのヒョンシクの“胸キュン”バックハッグがキャッチされた。

2月24日に韓国で初放送されるJTBC新金土ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」(脚本:ペク・ミギョン、演出:イ・ヒョンミン、制作:JSピクチャース、ドラマハウス) は16日、パク・ボヨン、ヒョンシクカップルの甘いスキンシップが盛り込まれた現場スチールカットを公開した。

「力の強い女ト・ボンスン」は生まれつきすごい怪力を持っているト・ボンスン(パク・ボヨン) が、この世のどこにも見たことのないようなクレイジーさが魅力のアン・ミンヒョク(ZE:Aのヒョンシク)、正義感に燃えるイン・グクドゥ(ジス) と出会ったことから繰り広げられる、3人の男女の力比べロマンスだ。

パク・ボヨンは触るものはなんでも壊してしまうような怪力を持って生まれたト・ボンスンを、ヒョンシクは女心を超えて男心まで揺さぶる魅力の持ち主で、ちょっと変わったゲーム会社の若手CEOアン・ミンヒョク役を務める。

スチールカットでパク・ボヨンはヒョンシクの突然のバックハグに驚いている。ヒョンシクに抱かれたまま目を丸くして慌てているパク・ボヨンが愛らしい。さらに、女心を揺さぶる“魅力男”ヒョンシクの微笑ましい姿が視線を捉える。

公開された写真は、体育館でアン・ミンヒョクに力加減のスキルを教えてもらうト・ボンスンの姿を撮ったものだ。これはアン・ミンヒョクが自身の個人警護員として選んだ“力の強い女”ト・ボンスンに力を調節するスキルを教えているシーンであるが、厳しいトレーニング過程で起きた超密着スキンシップによって甘い雰囲気を醸し出している。

男にも勝てる怪力を持っているが愛らしいト・ボンスンと、眼中人なしだが心だけは温かいアン・ミンヒョクのラブストーリーに多くの関心が集まっている。さらにパク・ボヨンの片思い相手の新米刑事ジスまで加わり、お茶の間のときめき指数を高める予定だ。

また、3人の奇妙な三角ラブストーリーも見どころである。パク・ボヨン、ヒョンシク、ジスの斬新なケミ(ケミストリー、相手との相性) で作り上げる三角ラブストーリーが早くも期待を高める。

「力の強い女ト・ボンスン」は「ごめん、愛してる」「悪い男」などの作品を通じて見せた感覚的な演出力で愛されているイ・ヒョンミンプロデューサーと「愛するウンドン」を通じて感情を伝える感性的な筆力を認められたペク・ミギョン脚本家が手を組んだ。

「力の強い女ト・ボンスン」は24日(金) 午後11時にJTBCで放送される。