ペンを省いて安くなった「Surface Pro 4」

写真拡大

 日本マイクロソフトは、薄さ約8.4mm、バッテリ駆動最大約9時間の2 in 1ノートPC「Surface Pro 4」のインテルCore m3 搭載ペン非同梱モデルを2月24日に発売する。Microsoft Storeでの参考価格は税別9万5800円。

 2015年11月に発売した「Surface Pro 4」シリーズは、今年1月16日に価格改定を行い、最大7万8000円引き下げた。新たに追加するペン非同梱モデルは、ペンが付属しない分、シリーズ中、最も安く、税込みで10万3464円という求めやすい価格になった。

 CPUはインテルCore m3、メモリは4GB、ストレージは128GB。1024段階の筆圧感知に対応する解像度2736×1824の12.3インチPixelSenseディスプレイ、800万画素のオートフォーカス対応リアカメラ、500万画素のフロントカメラ、キックスタンドなどの基本的な仕様は同じ。

 シルバーのSurface ペンが付属する従来モデルのMicrosoft Storeでの販売価格は税込み12万1824円〜29万3544円。Surface ペン(シルバー、ブラック、ブルー)単体は8424円、専用キーボード兼カバーの「Surface Pro 4 タイプ カバー」は1万7712円から。

 学生向けに「学生優待プログラム」を実施しており、対象の「Surface Pro 4」本体と「Surface Pro 4 タイプカバー」を同時購入して、応募締切日までに申し込むと、ペンなしモデルの場合で1万円、ペン付きモデルの場合で最大4万円キャッシュバックする。