春風亭昇太の一番弟子・春風亭昇々。テレビ番組でも紹介されたイケメン落語家

写真拡大

東京・高円寺で「成金本」出版記念トークイベントが行われ、落語家の柳亭小痴楽、春風亭昇々、桂宮治、春風亭昇也が登場した。

【写真を見る】父親は五代目柳亭痴楽。イケメン落語家の一人として話題の柳亭小痴楽

本書では、落語芸術協会に所属する二ツ目11人のユニット「成金」メンバーが、それぞれの師弟愛や生い立ち、落語に対する思いなどを綴っている。

登場するなり昇也が、「今日は落語やらないから、楽屋が生き生きしていたね(笑)」とぶっちゃけると、他の3人は「よくしゃべったね。久々に 楽しかった。しゃべり疲れちゃったよー」と言い、オープニングからトークさく裂!

本作りについて、「作るのがすごく大変だった。僕のページは芸術だから説明するのはやぼだと思うけど…。絵と一緒で、僕の人生を表している!」と昇々が自画自賛すると、「人生を表すって言っておきながら、この写真はないよねー」(宮地)、「よく、こういうふうに芸術を履き違えた人がいるよねー」(小痴楽)とすかさずツッコミが!

また、弟弟子の昇也からも「僕が気になるのは、“昇々のメンバー無許可&非公認 勝手に成金通信簿”。でも、評価の基準がよく分からない!」と駄目出しされ、昇々は終始いじられっぱなしだった。

なお、高円寺では、2月19 日(日)まで「第7回高円寺演芸まつり」を開催中!