写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立製作所は2月16日、企業などのクライアント環境におけるシステム検討・導入や、運用に関わる一連の業務を容易にするという「仮想ワークスペース トータルソリューション」を提供開始した。価格は個別見積り。

新ソリューションは、クライアント環境の選定時においてITの各種課題を明確化するコンサルティング・サービスと、必要となる端末やVDI(仮想デスクトップ環境)基盤の導入・運用サービスをワンストップで提供するもの。

これにより、IT部門などにおけるシステム導入・運用の負荷を軽減すると共に、テレワークの導入や各種端末の利用拡大によるセキュリティ・リスクへの対応など、将来にわたる業務環境の変化にも柔軟な対応が可能としている。

同ソリューションでは、自社でのノウハウと、顧客企業へのSI(システム構築)・運用実績を基に、テレワーク導入時におけるセキュリティ統制などのIT課題を明確化し要件定義を行う「クライアントインフラ・グランドデザイン コンサルティングサービス」及び、端末の導入・運用を代行する「統合クライアントサービス」、VDI基盤の提供を、ワンストップで行う。

同社は同ソリューションの特長として、コンサルティング・サービスの提供、IT部門の端末導入・運用を代行する統合クライアントサービスの開始、「かんたんPrivate DaaS」におけるVMware Horizonのサポートの3点を挙げる。

コンサルティング・サービスでは、業務ごとのセキュリティ統制と利便性のバランスを検討するほか、Windows 10移行対応など企業のIT部門が抱える課題を明確化し、導入方針の策定や要件定義を行う。

。 システム検討にあたっては、Microsoft Office 365などパートナー企業のクラウド・サービスの利用を含め、顧客課題に応じて幅広く対応するとしている。

統合クライアントサービスは、端末導入・運用に関わるIT部門の業務を代行するBPO(Business Process Outsourcing)サービス。

同社のIT部門の導入・運用ノウハウを基に、端末調達・設定、回収などのハードウェア管理のほか、端末の稼働管理やソフトウェアの設定・更新などソフトウェア管理も行う。

さらに、端末紛失時には24時間対応でリモート初期化を行うなど利用部門に対する質の高いサービスを提供し、IT部門における運用負荷の軽減とセキュリティ統制の強化が可能という。

なお、端末のソフトウェア管理には、エンタープライズ・モビリティ管理プラットフォームである「VMware AirWatch」を利用する。

これらのサービス提供にあたっては、同社の専用サポート窓口において24時間365日のシステム監視を行い、安定稼働にをサポートする。

(山本善之介)