13日、中国の黄恵康駐マレーシア大使が訪問先のマレーシアパハン州で、華系の小学校10カ所と中学校1カ所に20万リンギ(約514万円)を寄付すると表明したことについて、「何か別の意図があるのでは」と憶測を呼んでいる。写真は黄大使。

写真拡大

2017年2月13日、米華字ニュースサイト・多維新聞によると、中国の黄恵康(ホアン・フイカン)駐マレーシア大使が12日、訪問先のマレーシアパハン州で、中華系の小学校10カ所と中学校1カ所に20万リンギ(約514万円)を寄付すると表明し、「何か別の意図があるのでは」と憶測を呼んでいる。

【その他の写真】

マレーシア紙スターによると、黄氏は中国政府とともにマレーシアの中国語教育の一助にしたいと表明した。黄氏は16年2月、国内8カ所の中華系小学校に4万リンギ(約103万円)を寄付し、論争を呼んだ。マレーシア政府による中華系小学校への補助は限られており、他国政府からの寄付も望み薄だ。一方、黄氏の寄付には「別の意図があるのでは」と疑いの目を向ける人も多い。

これに対し、黄氏はマレーシアの国会議員が中国の「希望小学校」を支持すれば、異議を唱えることも教育について口出しすることもないとしている。

マレーシア光華網によると、黄氏は今年の春節期間中、訪問先の中華系小学校5校に10万リンギ(約257万円)のお年玉を持っていった。黄氏は「寄付への批判は予想しなかった。中国語教育への支援は間違っていないと思う」として、続ける意向を示した。(翻訳・編集/大宮)