中国人観光客とセットで語られることの多い、マナーの問題。以前よりも大きく騒がれなくなったのは、全体のマナーが向上しているからだろうか。しかし、「まだまだ」と思わせる現象もしばしば起きているようである。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人観光客とセットで語られることの多い、マナーの問題。以前よりも大きく騒がれなくなったのは、全体のマナーが向上しているからだろうか。しかし、「まだまだ」と思わせる現象もしばしば起きているようである。

 中国メディア・環球網は15日、「韓国メディアが再び、空港で中国人観光客がゴミを散乱させたと暴露」とする記事を掲載した。記事は、朝鮮日報の15日付報道を引用し、韓国・済州に住むネットユーザーが12日にフェイスブック上で「中国人が免税品の包装を破り捨てていて、清掃員たちが黙々とゴミを片付けている」とする書き込みを行ったことを紹介した。

 書き込みには、済州国際空港の出発ロビーがまるでゴミ捨て場のような状態になっていることが分かる写真が付されていた。地面やいすは紙袋やビニールの包装材などで埋め尽くされており、ロビー近くにある免税品引き渡しカウンターで商品を受け取った観光客らがその場で開封し、包装材をそのままロビーに置いていったようだ。記事は、「帰国時に免税品の体積を減らして、税関による検査を逃れようとしているようだ」と伝えるとともに、このネットユーザーが「ゴミ処理費用は市民が負担している。初めて、観光客から入島料を徴収しなければならないと感じた」とコメントしたことを伝えている。

 また、この日に国際線ロビーでは容量100リットルのゴミ入りビニール袋が100個あまり集まり、3人の清掃員が汗だくになってゴミを処理していたと紹介。空港関係者が「清掃員を5人増やすとともに、中国人観光客向けの相談員を増やす予定だ。また、免税店協会と協議して、包装の簡素化を進める」と語ったとした。

 記事は、この件に対する韓国ネットユーザーの反応が分かれているとし、「中国人観光客はモラルが低い、中国人観光客は韓国に来るな」と主張するユーザーがいる一方で、「韓国人も前はそうだった」、「お金を使いに来てくれる中国人観光客に感謝すべき。彼らの財布を開くのは難しいのだから」など、頭ごなしの批判は避けるべきだとの見解を示すユーザーも見られたことを紹介している。

 ネットユーザーのコメントからは、社会的にも経済的にも淀んだ空気が韓国国内を支配しており、少なからぬ利益をもたらしてくれる中国人観光客を前に「背に腹は代えられない」という心理的な葛藤が伺えるようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)