写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIは2月15日、2017年2月16日より、ルームスケールVR(仮想現実)「HTC Vive」などを使った「VRによる災害対策訓練ソリューション」 の提供を開始した。JR西日本は4月以降、同ソリューションを新宮駅と和歌山市駅を結ぶ紀勢線の津波対策に関わる運転士向けの訓練に順次導入する。同ソリューションは、鉄道会社の運転士を対象にVR機器と実写VR動画コンテンツを活用した津波などの自然災害対策訓練の商用化事例として、日本初となる取り組みだという。

JR西日本和歌山支社では、南海トラフ巨大地震やそれに伴う津波発生などの万が一の事態に備えるためハード・ソフト両面での対策を進めているが、紀勢線においては南海トラフ地震が発生した場合、総延長の約3分の1に当たる約73kmの区間が津波で浸水し、特に紀伊半島南岸に位置する白浜〜新宮駅間は、地震発生から5分以内に10mを超える津波が襲うと想定されている。

そこで、運転士のさらなる判断力の向上を目指すため、JR西日本とKDDIが共同開発したVR活用の災害対策ツールを導入することとなった。VRコンテンツは、運転士の視点を9Kの高解像度(VR向け画質)で360度動画により撮影し、リアルな走行感や避難誘導の判断に必要となる標識などを肉眼で確認可能としている。コンテンツの構成は、避難行動の演習コンテンツと地震・津波発生疑似体験コンテンツの2種類となる。

「避難行動の演習コンテンツ」

導入による効果として、運転士自身が日頃から運転している路線の実際の映像により、想定浸水深の確認、避難誘導に関わる設備の確認や震災発生時の津波が起こる様子を疑似体験できることなどから、運転士の判断力を培うことが可能となり、結果として列車の利用客の安全・安心につながるという。

(岩井 健太)