写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ATOKは賢くなったのか?
ジャストシステムの日本語入力システム、ATOKシリーズの最新版「ATOK 2017 for Windows」が発売された。エディション構成は前バージョンと同じく「ベーシック」と「プレミアム」の2種類だが、今回の注目点は深層学習(ディープラーニング)を活用した変換エンジン「ATOKディープコアエンジン」の搭載である。

○深層学習でATOKは賢くなったのか?

本稿をご覧になっている読者諸氏の多くは、Windows 10標準の日本語入力システム「Microsoft IME」に何らかの不満を感じている方々だろう。だが、今や日本語IMEの選択肢は非常に乏しい。そんな状況下、毎年のように改善を加えた新バージョンが登場するATOKシリーズを「最後の砦」と称するのは言い過ぎだろうか。新バージョン「ATOK 2017 for Windows」(以下、ATOK 2017)は変換エンジンを刷新し、「ATOKディープコアエンジン」を搭載している。

ジャストシステムの説明によれば、これまで蓄積してきた日本語資料の分析に機械学習手法の1つである深層学習を利用し、過去の開発担当者が見落としてルール化できなかった日本語の特徴を抽出。その結果を既存のATOKハイブリッドコアと呼ばれる変換エンジンと融合させることで生まれたのが、ATOKディープコアエンジンだという。ジャストシステムは、ATOK 2016で誤変換となった約30%が正しく変換可能になったという調査結果を,2016年末の発表会で公開している。

深層学習を普段の変換学習にまで適用されるように思いがちだが、あくまでも深層学習は変換エンジンを開発するための手法としてジャストシステムが用いたものだ。その結果としてATOKディープコアエンジンは、部分的な「かな漢字変換」や部分的な「推測変換時の判断」が、スムーズに行われるように最適化されている。

もう少し、判断ロジックについて紹介しよう。例えば、かな漢字変換時には文節区切りを行ってから同音語を選択するのだが、すべての同音語に対して前後の関連性を保持させることは難しいため、もっとも日本語らしい組み合わせが選択される。ATOKシリーズではお馴染みの推測変換時も、単語同士の関連性を基準に候補を提示。この組み合わせが正しく、もしくは正解に近い結果を導き出されるように、ATOK 2017は変換エンジンを最適化している。

実感している読者諸氏も多いと思うが、変換の学習結果が以降の変換効率を下げるケースは珍しくはない。とはいえ、学習した単語の優先度を低くすると、何度も同じ単語を探し出さねばならず、利用者のUX(ユーザー体験)は低下してしまう。逆に、学習単語の優先度を高めすぎると、適切な文節区切りが難しくなる。ATOK 2017では、このあたりの微妙なさじ加減も、最適化する項目に加えたそうだ。

筆者は長年ATOKシリーズを仕事やプライベートで使っているが、ATOK 2017の進化を肌で感じたと強く伝える言葉は見つからない。使用した感覚は、ATOK 2016のそれと変わらないからだ。なお、ATOK 2017のプロパティダイアログを眺めていると、<入力・変換タブ>の<入力補助/特殊>に、<高度な変換処理を行う>という設定項目が新たに加わっていた。既定のオフからオンに切り替えても、特に変化を感じることはなかった。ヘルプファイルも項目名と同じ説明で、メモリー消費量などの変化も確認できていない(少なくとも今のところは)。

●使い勝手を細かく改善
○使い勝手を細かく改善したATOK 2017

さて、ここからは新機能を紹介しよう。犬種の「サモエド」や外国人名の「ベイカー」など、変換や推測変換辞書の語彙拡充を図ったATOK 2017だが、注目すべきは「インプットアシスト」機能である。

英字で入力した文字列を変換中の状態にする機能は、ATOK 2014で実装しているため、目新しいものではない。ある程度キータイプが速くなると、打ち直したほうが確実なため、筆者も同機能を使う場面は少なかった。だが、ジャストシステムは「キータイプ直後の操作」に着目し、キーアサインを「再変換」と同じ[Shift]+[変換]キーに変更し、普段から機能差を意識せずに使ってもらうことを目指しているそうだ。

なお、約0.5秒で現れるガイダンスは、プロパティダイアログの<入力・変換タブ>に並ぶ、<入力補助/特殊>の<日本語入力オンへの切替を通知する>のチェックを外せば非表示にできる。

入力関連では、[半角/全角]キーを2回押すことで、半角・英字入力・固定モードの切り替えを解除し、ATOK 2017の通常状態に戻す機能が加わった。これは個人的理由で歓迎したい新機能だ。例えば、記者会見中に登壇者の発言をリアルタイムで入力すとき、キーを打ち間違えて入力モードが変わってしまうことがある。[無変換]キーを押せば解除できることは分かっているのだが、登壇者の声が頭の中にあふれている状態では対応が難しい。

上記が反映されるのは半角・英字入力・固定モードに限られ、[カタカナ/ひがらな]キーを押した場合は対象外だ。以前のバージョンから、かなロック有効時は通知ウィンドウを表示し、かな入力を併用するユーザーに配慮したものと思うが、個人的には残念である。

モード固定の解除も、<入力補助/特殊>の<日本語入力オンで変更したモードを元に戻す>で機能の有無を切り替える。前述したように、「特殊」の項目はATOK 2017で増えている。

中でも気になるのが、<「漢字/半角モード切替」で日本語入力オンにする>だ。ジャストシステムは[半角/全角]キーでATOKのオン/オフを切り替えるは、ホームポジションから指を離すため煩雑だという利用者の声に応えるため、ATOKは[変換]キーで半角モードに切り替わるようになっている。ただ、英語版のPCゲームなど、日本語環境を考慮していないアプリケーションを利用する場合、ATOKを有効にしていると正しく動作しないことが多い。あくまで、「日本語ととも英数字を入力する」シーンでは有効だが、万能ではないことに注意すべきだろう。

また、正しく文字入力できないというトラブルは、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)上で経験したことがある方も少なくないはず。筆者も一部のUWP製チャットツールを使う場合、テキストエディタにATOK 2016で文字を入力し、コピー&ペーストで返信していた。ジャストシステムによれば、ATOK 2016まではアプリケーションの使用に集中するため、プロパティダイアログの起動や文字パレットの呼び出しを抑止していたとのこと。

ATOK 2017はこの点を見直し、デスクトップアプリと同様の動作を可能にしている。具体的には、プロパティダイアログや文字パレット、辞書ユーティリティの呼び出しや単語登録の実行が可能になるが、デスクトップアプリと違って「入力モード」が現れないため、操作性が改善したとは言いがたい。それでも、UWPへの移行が著しいWindows 10と組み合わせることを踏まえると、ATOKツールをUWPに対応させるのは良い判断だ。

●ATOKの強み、電子辞書・辞典
○ATOKの強み、電子辞書・辞典

ATOKシリーズを愛用する利用者の多くが、理由の1つとしてATOK連携電子辞典の存在を挙げる。「ATOK 2017 for Windows プレミアム」では、「岩波国語辞典 第七版 新版(約6万5,000項目)」「明鏡ことわざ成句使い方辞典(ことわざ約2,300項目、例文約1万項目)」「大修館四字熟語辞典(約2,650項目)」「ジーニアス英和辞典第5版(約10万5,000項目)」「ジーニアス和英辞典第3版(約8万3,000項目)」と、5つの電子辞典を利用可能だ。

気になるのは岩波国辞典の見出し語収録数である。上記のとおり約6万5,000項目を収録しているが、ATOK 2016 for Windowsに収録された「精選版日本国語大辞典」は約30万項目。単純な項目数で比較すると見劣りしてしまう。ATOKシリーズを使っているユーザーは、電子辞典を目的に購入している場合も少なくない。

今回の岩波国語辞典も以前の精選版日本国語大辞典も単独販売していないため、ATOK上で電子辞典を利用するには、各ATOKのプレミアム版を購入する必要がある。その点において、今回の国語辞典は魅力が減った気がするのだが、いかがだろうか。なお、以前のATOKと電子辞書・辞典がインストール済み環境にATOK 2017を導入すると、電子辞書・辞典は自動的に引き継がれる。一連の電子辞書・辞典に対する互換性は、こちらのWebページで確認できる。

さて、全体を見据えたATOK 2017の総論だが、筆者は順当なマイナーバージョンアップという感想を持つ。ATOKディープコアエンジンによる変換の最適化は劇的な変化とは感じられず(見えない部分で相当に良くなっているのかもしれないが)、各機能においては、かゆいところに手が届く改善が多い。

ATOK 2016ユーザーがATOK 2017に更新すべきか、と問われると、手放しではおすすめできないところがある。相変わらず設定ダイアログは煩雑であり、バージョンアップ時に一部の設定がリセットされるなど、改善されない点も多かった。ただ、UWPアプリケーションでの制限緩和やパフォーマンス的な改善を踏まえると、ATOK 2016に留まるメリットは少ないだろう。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)