“元ハロプロメンバー”谷ルミコ「クレジットカードを使いたくても、夫に監視されているような感じがして…」

写真拡大

歌手キム・ジョンミンの妻で三佳千夏の芸名でハロー!プロジェクトのメンバーとして活動していた谷ルミコが、自身がクレジットカードを使うと夫の携帯電話にメッセージが届いて落ち着かなかったと告白した。

15日に韓国で放送されたチャンネルA「お父さん本性」で、チェ・ヘギョンはキム・ジョンミンと谷ルミコに「誰が経済権を持っているのか?」と尋ねた。

すると谷ルミコは「夫が持っている」と答えて、「もし私が服を買いたくてクレジットカードを使えば、夫が『今日何買ったの?』と聞いてくる。ただ聞いただけというのは分かっているが、監視されてるような感じ? そして夫が稼いだお金で私がほしい服を買うことは、若干ちょっと贅沢だとでも言うべきかな? そんな風に感じることがある。それでそれを解除した」と告白した。

これに対しキム・ジョンミンは、制作スタッフに「妻が『それでもお兄さんが徹夜して稼いでくるお金を申し訳なくて使えない』と言って『ルミコ、そうしたことは負担に思わずに使いなさい』と話をしたが、ある瞬間からメッセージが全然来なくなった。それで『本当にそうしなくてもかまわないのに』と思ったが、メッセージ通知のサービスを解除したという話は今日初めて聞く。可愛いね」と打ち明けた。