2017年に開業20周年を迎えるツインリンクもてぎは、開業20周年を記念して新アトラクション「迷宮森殿ITADAKI」を2017年3月18日(土)にオープンすることを発表しました。

1

ツインリンクもてぎといえばMotoGPをはじめとする世界選手権や、スーパーGTなどの国内レース開催でモータースポーツのイメージが強いですが、実は国際レーシングコースの周囲に広大な森が広がっており、自然豊かな場所でもあるんです。2000年にその一部を整備しオープンした遊べて学べる森ハローウッズは、ツインリンクもてぎの人気スポットとなっています。

そして、今回もてぎの森に登場する「迷宮森殿ITADAKI」は、日本初となる森の生態系を体感できる立体巨大迷路アトラクションになっているというではありませんか! 一体どのような仕組みになっているのでしょうか? 早速見てみましょう!!

 

■コンセプトは森の生態系の立体図鑑。階層を上がるたびに驚きと発見が待っている!

5階層からなる巨大な立体型迷路を森の生態系ピラミッドに見立て、1階には地中の虫、2階には植物、そして3階には昆虫・小動物と、各階ごとのテーマに沿った生き物達のオブジェが展示されていて、まさに立体図鑑そのもの! たくさんの森の生き物のオブジェに出会うことで、驚きと発見があります。

■ ゴールは「森の生態系の頂点」

「迷宮森殿ITADAKI」のゴールは、この森の生態系の頂点にたどり着くこと。最上階の5階で、その生き物を感じることができます。そして5階から1階へ戻るときにはサプライズな仕掛けも用意されているのだとか。仲間と協力しながら迷路をクリアして頂点を目指しましょう!

■ 森の秘密を解けた者だけがクリアできる

「迷宮森殿ITADAKI」にはスタンプラリーとクイズの2つの要素が盛り込まれ、森に関するいくつかの秘密を解かなくてはなりません。そして、そのヒントは森の生き物たちのオブジェや展示物に隠されています。初めてのチャレンジでもクリアすることはできますが、ツインリンクもてぎ内にあるハローウッズで遊び学んだ経験があれば、ひと味違う楽しみを感じながらクリアすることができるはず! ただ突き進むだけではクリアできない・・・。そこには、何度もチャレンジしたくなる仕掛けが隠されているのです。

■森を散策したくなる仕掛けがいっぱい

各層に展示されているオブジェからは、それぞれ動植物の知られざる意外な特徴や関係性を知ることができます。例えば、「リスの食べ終えた松ぼっくりは、誰もが知っている『あるモノ」そっくりの形だった」とか、「土の中の小さな生き物は、森の陰の立役者」などなど。森の生き物たちに関する特徴を知ることで、ハローウッズで新たな視点での散策を楽しむこともできそうです。

■いたるところで記念撮影がしたくなるリアルな造形

人間よりも大きなサイズの昆虫や小動物のオブジェは、リアルさを追求し本物そっくりに! 迫力満点のオブジェの前は絶好の撮影場所です。一緒に行った家族やお友達と写真を撮って、旅の思い出にしてみは!?

これはかつて見たことのない、ビックスケールのアトラクションですよね! なんだかワクワクしてきちゃいました。楽しみながら自然環境について学ぶことができ、冒険心までも燃やしてくれる「迷宮森殿ITADAKI」。ここでしか体験することができない立体巨大迷路に、ぜひチャレンジしてみてください!

「迷宮森殿ITADAKI」の概要は以下の通りです。

場所:ツインリンクもてぎモビパーク内
所要時間:約30分
料金:600円/1人 ※パスポート利用可
利用条件:3歳以上 ※小学生未満のお子様は中学生以上の同伴者の付添い(有料)が必要

(yuri)

【関連リンク】
公式ホームページhttp://www.twinring.jp/itadaki/

日本初!森の生態系を体感できる立体迷路「迷宮森殿ITADAKI」がツインリンクもてぎにオープン!(http://clicccar.com/2017/02/16/438899/)