中国経済の成長を背景に、北京市や上海市などの都市部は日本に勝るとも劣らないほどの発展を遂げた。だが、中国には経済成長の恩恵を受けることができていない農村も数多く存在し、なかには電気や水道といったインフラの整備が遅れている場所もある。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国経済の成長を背景に、北京市や上海市などの都市部は日本に勝るとも劣らないほどの発展を遂げた。だが、中国には経済成長の恩恵を受けることができていない農村も数多く存在し、なかには電気や水道といったインフラの整備が遅れている場所もある。

 中国メディアの捜狐はこのほど、田園が広がる日本の農村部の写真を掲載し、「日本では田舎であっても住みやすい環境が整備されており、中国の農村部と比較すると羨望の気持ちしか沸いてこない」と伝えている。

 記事は、日本は農村部であっても農業の機械化が進んでいると紹介。若い世代が都市部に出ていってしまい、高齢者ばかりとなっている点は日本と中国の農村部に共通していることだと指摘する一方で、日本の農村部はすでに十分な現代化を実現しており、都市部と変わらない暮らしができると指摘。

 道路のほか、水や電気といった生活インフラはしっかりと整備されており、同じ農村部であっても中国とは違うことを紹介し、環境の良さという点を考慮すれば都市部より暮らしやすいかも知れないと論じた。

 さらに、日本の農村部の写真を複数掲載したうえで、日本人は戸建住宅に住んでいると紹介。日本の伝統的な木造建築であっても、中国の基準からすれば非常に豪華な「別荘」のようにも見えるとし、土地の個人所有が認められないうえ、都市部に比べて貧しいことが一般的な中国農村部とは異なり、日本では農村部に住んでいても戸建住宅に住むことができるのだと伝え、「中国の農村部と比較すると羨望の気持ちしか沸いてこない」としている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)