イーブンパーで前半を折り返した昨年覇者の野村敏京(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 初日◇16日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>
オーストラリアにあるロイヤル・アデレードGCで開幕した米国女子ツアー第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の初日。大会連覇をかけて挑んでいる日本の野村敏京が、イーブンパー65位タイで前半を折り返している。
【関連】意外な一面も!?女子プロオフショット動画はこちら!
野村の直前にスタートしている松森彩夏は1オーバー94位タイで11番をプレー中。5ホールを消化している上原彩子も野村と同じく、イーブンパー65位タイ。4ホールを消化した畑岡奈紗と、すでにこの日の競技を終えている横峯さくらが1アンダー40位タイで日本勢最上位につけている。
8アンダー単独首位にキャサリン・カーク(オーストラリア)、2打差2位タイにシエラ・チョイ(韓国)、マリサ・スティーン、ジェーン・パーク(共に米国)が続いている。
また、世界ランク1位のリディア・コ(ニュージーランド)は2アンダー22位タイで今シーズンの初ランドを終えた。昨年の賞金女王、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は1アンダー40位タイで前半を折り返している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

詳しい順位はリーダーボードでチェック!
「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン」に臨む野村敏京と横峯さくらに独占インタビュー
グアムでは国内開幕前哨戦が!若手プロの活躍をライブフォトでチェック
石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは?
秘蔵オフショット写真続々追加!女子プロ写真館