1
 
次期iPhoneとされるiPhone8(仮称)には、ワイヤレス充電機能が搭載されると言われていますが、こうした情報をもとに早速、コンセプトイメージが公開されています。

Appleロゴを通してワイヤレス充電?

iPhone8のコンセプトデザインを手掛けたのは、透明なiPhoneのコンセプト動画などで知られるConceptsiPhoneです。
 
ホームボタンはディスプレイ内に埋め込まれ、背面のAppleロゴを通してワイヤレス充電を行うという仕組みです。
 

 

 
SamsungのGalaxyシリーズのような曲面ディスプレイが採用されているのもポイントです。iPhone8からは、一部モデルに有機EL(OLED)ディスプレイが搭載されると言われています。OLEDディスプレイは従来の液晶(LCD)ディスプレイに比べ、大幅な画質の向上が見込めるほか、バックライトを必要としないため、端末の薄型化に寄与することができます。
 

 
物理ホームボタンが消失し、ディスプレイ内に埋め込まれるのではないかという観測については、すでに多方面より同様の見方が出ているほか、iPhone7の時点でも実質的には物理ボタンではなく、「振動でクリックを再現する」方式が採られていることから、実現する公算は大きいと考えられます。
 
一方で、ワイヤレス充電については、iPhone8シリーズに搭載されるという観測こそ共通ではあるものの、iPhone登場10周年のプレミアム仕様とされる、背面ガラスを採用したモデルのみか、3モデルとも採用されるかについては見方が分かれています。
 
また、採用する規格についても、Appleが業界団体に加盟したことを受け「Qi」が用いられるのでは、という見方のほか、Energousの「WattUp」、Appleが独自に開発した技術など、様々な情報が混在しています。
 

 
 
Source:YouTube
(kihachi)