主要キャスト7人が顔をそろえた

写真拡大

 世界中のヒットナンバーが60曲以上も使用される長編アニメ「SING シング」日本語吹き替え版の完成報告会見が2月16日に東京・日比谷のペニンシュラ東京で開催。お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良、長澤まさみ、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守といったボイスキャスト7人が一堂に会した。

 「ミニオンズ」のユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントが組み、経営難で閉鎖寸前の劇場の支配人バスター・ムーンが、大規模なオーディションを開催して起死回生を図るさまを描く。

 コアラのムーンを内村、ヤマアラシのアッシュを長澤、ブタのグンターとロジータを斎藤と坂本、ヒツジのナナとその孫エディを大地と宮野、ネズミのマイクを山寺がそれぞれ演じ、個性的なキャラクターに扮するとともに名曲の数々を歌い上げている。吹き替え版では発音含めて相当厳しい指導が入ったそうで「発音の先生に厳しく指導された。あんまり思い出したくないくらい(笑)」(長澤)、「なかなかOKが出なくて……ここまで直されるとは」(坂本)と振り返った。それだけに、内村は「(字幕版と吹き替え版は)まったく別物だと思います」と仕上がりに自信を見せた。

 劇中ではムーンとアッシュがカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」をデュエットするシーンも登場するが、「恥ずかしい。全国の映画館で流れると思うと手に汗をかく。支配人は歌ができない設定なので、歌のうまい(長澤)まさみちゃんとの対比です」(内村)、「アッシュはパンクロック好きな女の子で、興奮するととげが飛ぶところがかわいい。私が大きい声を出すイメージがないと思うんですが、頑張ってシャウトしています」(長澤)と語った。

 斎藤はレディー・ガガの「バッド・ロマンス」を劇中で披露しているほか、ハイテンションなキャラクターに扮しているが「(持ちネタの)『ぺっ』を入れてくれと言われて入れたら、アメリカから1回戻ってきたんです。『ぺっ』ってなんだ、と言われたらしい」と明かして笑いを誘う。また、ムーンの親友エディ役の宮野が「内村さんと同じトレーニングジムに通っていて、パーソナルトレーナーを通して内村さんのことをいろいろ聞いています」と意外なつながりを語った。

 「SING シング」日本語吹き替え版では、登壇キャストのほか音楽ユニット「スキマスイッチ」の大橋卓弥、田中真弓、谷山紀章、水樹奈々、柿原徹也、村瀬歩、木村昴、佐倉綾音、元ボーカル&ダンスユニット「Dream5」の重本ことり、ファッションモデルの辻美優、シンガーソングライターの河口恭吾、若手ラッパーのMC☆ニガリa.k.a赤い稲妻とRude-α、ミュージシャンのMISIAらが参加。音楽プロデューサーの蔦谷好位置と作詞家のいしわたり淳治が、音楽プロデュースと日本語歌詞の監修を務める。3月17日から全国公開。