ハン・ソッキュからキム・レウォンまで、映画「ザ・プリズン」スチールカットが初公開…圧倒的なスケールに“関心集中”

写真拡大 (全2枚)

映画「ザ・プリズン」(監督:ナ・ヒョン) のスチールカットが初公開された。

今回公開された報道スチール10点は、完全犯罪区域になった監獄の衝撃的な実態と、そこを巡る人物たちの張り詰めた緊張感を覗くことが出来る。まず、絶対帝王“イクホ”(ハン・ソッキュ) と前職マヌケ警官“ユゴン”(キム・レウォン)、絶対馴染めそうになかった二人の人物が謎の場所で鉢合わせる姿は、これから彼らが見せる特別なケミストリーと隠された物語を期待させる。

さらに韓国初、実際の刑務所でのオールロケーションを通して盛り込んだリアルそのものの圧倒的なビジュアルも視線を引き付ける。まるで主人のように刑務所を歩き回る“イクホ”、一緒にお酒を飲む囚人たちの姿“ユゴン”とチンピラ“チャンギル”(シン・ソンロク) が対決する生存アクションの瞬間は、これまで私たちが知っていた刑務所に対する常識を覆し、大きな好奇心を呼び起こす。

“イクホ”の刑務所を視察する矯正局長“ペ局長”の姿は劇的緊張感を引き出し、非理刑務所長“カン所長”(チョン・ウンイン) と“イクホ”の戦略ブレーンである“キム博士”(キム・ソンギュン) の隠密な出会いは、新たな犯罪の始まりを予告し、これから繰り広げられる物語に対する期待を高める。

「ザ・プリズン」は巨大な犯罪の温床となった刑務所を舞台に、皇帝のように君臨する犯罪組織のボスと、囚人になった元警察官の接戦を描く犯罪アクション映画だ。韓国で3月に公開される。