渦中のファヨン“T-ARAいじめ騒動”に初言及…「あなたたちこそ自重しなさい」ネットユーザーに警告も

写真拡大

T-ARA出身の女優ファヨンが悪質なコメントをするネットユーザーらを一喝した。

ファヨンは16日、自身のInstagram(写真共有SNS) を通して「あなたが悪い〜私が悪い〜醜い公式コメントを希望されているようですが」とし、悪質なコメントをするネットユーザーらに対する自身の考えを明かした。

彼女は「5年前、お互いが寂しかった心を伝える過程で、あまりにも若く、未熟だったことから始まったことです。お互い髪の毛をつかみ合い、泥沼化しないとすっきりしなさそうな皆さん。あなたたちこそ自重しなさい」と警告した。ファヨンが自ら事件について言及したのは、今回のSNSの書き込みが初めてである。

また、ファヨンは8日に姉ヒョヨンとtvN「TAXI」に出演し、T-ARA事件について言及した。

その後、あるインターネット掲示板には自身をT-ARAの元スタッフだと主張する人物が現れ、ファヨン&ヒョヨン姉妹が被害者ぶっているという書き込みを掲載し、議論が巻き起こった。

このスタッフはヒョヨンがT-ARA出身のアルムに脅迫メッセージを送ったと明かし、関連資料を添付したりもした。これについてヒョヨンは「メッセージを送ったのは事実。家族を思ってあのように振舞った」と明かした。

・“T-ARAいじめ問題”日本のネットでも騒然

・T-ARA側、ヒョヨン&ファヨン姉妹に浮上した議論と「T-ARAいじめ説」にコメント