ニキ・カーロ監督 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 米ウォルト・ディズニーが製作する実写映画版「ムーラン」の監督が決定した。米ハリウッド・レポーターによれば、勇者伝説を信じるマオリ族の少女を描いた映画「クジラの島の少女」(2002)のニキ・カーロがメガホンをとる。

 ディズニーが製作費1億ドル以上の大作に女性監督を起用するのは、ファンタジー小説「五次元世界のぼうけん(原題:Wrinkle in Time)」の映画化を進めているエバ・デュバーネイ監督に続き2人目となる。ニュージーランド出身のカーロ監督は、メキシコ系アメリカ人のコミュニティを舞台に、高校の弱小陸上部の成長を描いたディズニー映画「McFarland, USA」(2015/ケビン・コスナー主演)でメガホンをとっている。

 「ムーラン」は、フン族の軍勢に苦しむ古代中国を舞台に、皇族の一人娘であるムーランの活躍を描く物語で、1998年に製作されたアニメ版は世界興収3億0430万ドルを記録した。実写版の製作が発表されてから、ムーランは戦士となる中国人女性であることから、白人女優を起用しないよう要求するオンライン嘆願が注目を集めていたが、ディズニーはオリジナルに沿ってキャスティングすることをファンに約束。ヒロインを含む主要キャラクターについて、中国でオーディション選考していく方針だ。

 ディズニーは当初、ハリウッドで最も成功しているアジア人のひとり、アン・リー監督に実写版のメガホンをオファーしていたが、リー監督はスケジュールの都合により契約を見送った。このほどカーロ監督の抜てきに合わせて、ディズニーは「グリーン・デスティニー」「LOVERS」などを手がけてきた香港出身の大物プロデューサー、ビル・コンを製作総指揮として迎えたことも明らかになっている。

 なお、同じく「ムーラン」の実写映画化を進めている米ソニー・ピクチャーズもアジア人監督を希望していたが、先ごろ「ゲーム・オブ・スローンズ」の演出家アレックス・グレイブスが監督することが決定した。

 カーロ監督は、ジェシカ・チャステイン主演の新作「The Zookeeper's Wife(原題)」が3月31日から全米公開。